見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

Skeletoon - They Say Never Die

www.youtube.com

 

Helloweenが好きな人で、今もメタルを聞いている人はみんな聞こう、なイタリアン・メロディックスピードメタルバンドの日本デビュー作。新宿のユニオンで↑の曲が流れていたのを聞いた瞬間即レジにダッシュしました。なんで輸入盤しかないの、と思っていたらすぐに国内盤が出たので、まあ出るよね、という感じですが。

 

大まかな路線としては、冒頭に書いた通りHelloween直系のメロディックスピードメタル。ただボーカラーの声が細いせいでどっちかというとPower Quest当たりのほうが近いのかもしれませんが、要所を後述するゲストボーカルで締めているほか、ボーカル自体も下手ではないので、不満を感じることはなく、この手の音楽をやるうえで必要十分という感じ。ギターも特別にテクニシャンとは思いませんが、印象的なソロのフレーズもあり、聞いていて飽きさせないです。

 

そしてなにより、曲がいいですね。Helloween的な陽性なメロディが疾走するという趣で、メロスピが好きな人ならみんな気に入るんじゃないかな。

アレッサンドロ・コンティ(Trick or Treat、Luca Turilli's Rhapsody、Lione Conti)が参加する冒頭の曲(いつになっても局名が長すぎて覚えられない!)が一番いい(というか今年ナンバー1候補では?)んですが、1曲目やタイトル曲等々疾走曲で明快なメロディを持ついい曲も結構あるほか、ミケーレ・ルッピ(Ex.Vision Divine、現Whitesnake(!))の歌う”Last Chance”もいいですよこれは。正直Vision Divineは曲が微妙すぎて無駄遣いで(なんたって一番いいと思ったのがAnother Dayのカバーだったくらいだし)、他にあまりいい曲にも恵まれていなかったんですが、彼にはこういうちょいハードちょいポップなメタル曲が似合うんだなと。そういうのはトビアス・サメットも得意とするところだと思うんで、次回作でどうですかね。

 

輸入盤で買いましたが、速攻で国内盤も出ましたし、これはぜひ来日まで期待したいところです。プロダクションにも全く不安がないし、これは掘り出し物なのではないだろうか。上の曲は書きましたが今年のベスト候補。

イタリアはまだまだいいバンドがあるな、と思わせてくれる、いいアルバムでした。バックカタログも探して聞こうっと。

 

★★★★★

欲しいけど見つからないベスト3

The Kinks / Think Visual

Enuff Z'nuff / Coverd by Gold 

Axxis / re(dis)coverd

 

だったわけですが、一番上をようやく見つけました。

まあロンドン移籍後第二弾ってことで、そこまでいいアルバムってわけでもなく(よかったら再発してるわな)、一曲目は良かったですが、まあコレクションですわな。

 

これでキンクスのオリジナルアルバムはようやく全部揃いました。。。まだまだ聞き込みは足りてないアルバム多いけどね。

 

あと2枚を見つける日は来るのか....Amazonで買うほど緊急で欲しいってのではないんだよねえ。

2018年 新譜ベスト10

時間がなくてほとんどレビューを書けてないんですが、それなりに量は聞けた年でした。そして豊作と評していい1年だったのではないかなと。

10位から。

 

10.Primal Fear - Apocalypse

安心のピュアメタル。

www.youtube.com

Best Tune : New Rise

 

9.Lione Conti - Lione Conti

メロスぴじゃ一番良かった。リオーネは充実の一年。

www.youtube.com

Best Tune : Gravity

 

8.Gioeli - Castronovo - Set The World On Fire

メロハーじゃ一番良かった。

www.youtube.com

Best Tune : Set The World On Fire

 

7.Alice in Chains - Ranier Fog

どこをとってもAIC節。うねるようなリフが最高。

www.youtube.com

Best Tune : The One You Know

 

6.Riot - Armor of the Light

Thundersteel再現をやった充実がそのままに。充実したパワーメタル。

www.youtube.com

Best Tune : Messiah

 

5.Ghost - Prequelle

ライブよかったです。ポップ風味のロックだけども、HRではある。ステージを見ると売れるのも納得。

www.youtube.com

Best Tune : Rats

 

4.Ihsahn - AMR

なぜ日本盤が出なかったのか不思議で仕方がない。ポップセンスまで磨いてきて最高。

www.youtube.com

Best Tune : Lend Me The Eyes Of Millennia

 

3.Kamelot - The Shadow Theory

ロイ・カーンが脱退した時点、もっというとプログレ路線に行った時点で終わったと思っていましたが…そんな偏見を吹っ飛ばす快作。疾走曲がたくさんあるのが気持ちいい。

www.youtube.com

Best Tune : Vespertine (My Crimson Bride)

 

2.Judan Priest - Firepower

再結成後で一番いいのでは?背徳の掟の次に来ててもおかしくない路線と出来だと思う。かといって再結成後のエピック路線が全く活かされていないわけではなく、傑作です。

ダウンロードフェスでも5曲ほどやってましたが、ライブ映えもしてよかった。

www.youtube.com

Best Tune : Rising from Ruins

 

1.Amorphis - Queen of Time

結局いつものAmorphis印…なんですが、いつもよりややアグレッションを増強の上、メロディも良くなっている。彼らのアルバムはEclipse以降同じイメージが続いているように思えるところですが、この辺のバランスはアルバムごとに少し続いていて、そのバランスが気に入るかどうかがアルバムごとの評価に繋がっているのかなと思うところです。

諸事情でライブに行けなかったのが残念ですが、今年も来るみたいなのでぜひ行きたいところ。

なかでもThe Golden Elkが白眉。

www.youtube.com

Best Tune : The Golden Elk

2018年アニメ感想(第1クール)

面白かった順。

 

刀使ノ巫女

好きが強すぎて語りきれないので、そのうち記事を何本も書きます。ひとまず2010年代ナンバーワンは間違いない。今世紀ナンバーワンをギャラクシーエンジェルシリーズ、ストライクウィッチーズシリーズと争う。

 

ハクメイとミコチ

これ面白いよ。変化球な日常系だけど、ほのぼのとしてていい。普通に推せるアニメ。

 

ゆるキャン△

面白いけどね。何かが少しずつ足りない

 

宇宙よりも遠い場所

まあ面白かったんじゃない?とじみこの印象が強すぎてよく覚えてないけど、よくできてたと思った。脚本は花田大先生?うっそだろ

 

とじみこがあったから神クールなのでした。まあ一般的にもよりもいとゆるキャン△があったから神クールだと思うけど。

 

 

 

2018年アニメ感想(第2クール)

基本面白かった順

 

こみっくがーるず

これまでのきらら系でもトップクラスでは?原作も買って読みまくってるけど、めちゃくちゃ面白いわ。もんちゃんぶんちゃんが出ないのは残念だけど、原作のエピソードをうまく繋ぎ合わせてるし、文句の言いようがない。今年二番目に面白かったアニメです。かおす先生と爆乳姫子先生の師弟?コンビがすき。

 

ヒナまつり

終始めちゃくちゃだったけど、面白かったです。主人公よりキャラが立ってる脇役が何人もいるってのは面白い作品の必須条件だと思うが、それを満たしていた。

 

完走したのはこの二つだけなんだが、二つとも面白かったのと、なにより刀使ノ巫女の2クール目がやっていたクールなので、物足りない感じは全くなかったです。

2018年アニメ感想(第3クール)

基本面白かった順。今年いちばんの不作

 

あそびあそばせ

今クールでは圧倒的に面白かった。笑えました。

 

・レビュースタァライト

ストーリーはあっち行ったりこっち行ったりででわけわからなかったが、まあそこそこ。これが二番目に来ちゃうところがやばい。

 

はるかなレシーブ

きらららしからぬスポ根だけども、よく練り込まれてて面白かった。エロ要素は全くなし。まあそれでいいのか。

 

・ISLANDS

まさか2018年に田村ゆかりさんが主題歌を歌いヒロインをつとめるアニメが成立するとは。原作が原作だけに特有の超展開はありますが、まあまあ楽しめた。

 

・はねバド

よくわかんね。誰が主人公なのかよくわからない。原作読んでないからこれが原作由来なのかアニオリの問題なのかわかりません。主題歌が90年代っぽくてわろりん

 

不作すぎわろた