見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

2017年 新譜ベスト10

本当は★4以上の全部感想書いてからにしようと思ってたんですけど、それじゃあ永遠に終わんないわ、ということでベスト10の記事だけ書いちゃいます。 

 

10.Kreator - Gods of Violence

エクストリームなスタイルにメロディアスなソロやリフ、というのはもはや使い古された手口ですが、ベテランが時間をかけて融合した結果、素晴らしいものが出来上がりました。スタイル云々より曲の良さが光ります。

Best Tune - World War Now

甲乙つけがたい曲が3曲ほどありますが、一聴目のインパクトからするとこれかな。

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

9.Adagio - Life

一部で絶大な評価を誇るケリー・サンダウン・カーペンターがアルバムに初参加。Beyond Twilightで見せつけた圧倒的スキルとステファン・フォルテのセンス/テクががっぷり四つになった快作。ライブを見たい!

Best Tune - Torn

Progressive風味は抑えめなものの、激メロに号泣必至。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

8.Pink Cream 69 - Headstrong

↑のAdagioで2枚歌ったディビッド・リードマンのメインバンド。久々の快作。メロディアスであるながら普遍的なロックの格好良さを備えたクオリティには頭が下がるばかり。

Best Tune - Man Of Sorrow

去年出た中で一番いいバラードなんじゃないの。サビだよサビ。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

7.Cyhra - Letters To Myself

永遠に「元」In Flamesと言われ続けるイェスパー・ストロムブラードがお届けするニューバンドのアルバム。素直に格好良くメロディアス。そういえばこの人は普通にメタルも書けるんでした(HAMMERFALLとかね。)。

Best Tune - Rescue Ride

全体的に高品質の曲が揃う中、サビが一番ぐっと来たのがこれ。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

6.Cradle of Filth - Cryptoriana

聞かずにLoud Parkに行ったことを後悔。なんだかんだで、彼らの魅力はその劇的なメロディなんだな、と感じる次第です。

Best Tune - The Seductiveness Of Decay

こっちも全部高品質で甲乙つけられん。

 

5.Leprous - Malina

真にProgressiveなメタルというのはこういうのも指すんじゃないですか。哀メロ、ジャジーな音、プログレに必要な要素をすべて兼ね備えた名作。スティーブン・ウィルソンのソロが好きな方は是非。

Best Tune - Malina

絶唱が光るThe Last Milestoneも捨てがたいが、やっぱりこっちかな。

 

4.Accept - The Rise of the Chaos

まだここまですごいアルバム作るのかよ、と思う。キャッチーさという点では再結成後最高なのでは?一緒に歌いやすい曲が多いと感じた。

Best Tune - Die By The Sword

サビの歌詞が格好良すぎるよね。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

3.Europe - Walk the Earth

相変わらずハイクオリティーなアルバムを連発しているが、「北欧の夜」を想起させるこのアルバムは今の路線の極北なのでは。

Best Tune - Pictures

アップテンポな曲、スローな曲、バラードな曲それぞれ取り揃えておりますが、単純に一番メロディがいいと思った。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

2.Galneryus - Ultimate Sacrifice

圧倒的メロディセンスと、10分の曲三連発で見せつけた構築力は他の追随を許さない。ジャパニーズメタルの歴史に間違いなく残る名作だと思う。

Best Tune - Ultimate Sacrifice

Wherever You Areと死ぬほど迷いましたが、現在の彼らのすべてが詰まったこちらに。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

1.Nocturnal Rites - Phoenix

Nocturnal Rites is baaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaack!!!!!!!!!

完全に死んだと思っていた彼らがまさかの帰還。音像はこれまでとは違うものの、ガッツィーな音とメロディセンス、そしてなによりも熱すぎるジョニーのボーカルはそのまま。まさにStill Aliveな一枚、これを一位にするしかないでしょう!!

Best Tune - Nothing Can Break Me

メロディにギアをチェンジした彼らの新しい名曲。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

 総評

Nocturnal Ritesが帰ってきた、これ以上のことがなにかありますか?な一年。アクセプトとかヨーロッパらベテラン勢の奮闘も光りましたし、Galneryusのアルバムも凄かった。個人的にも一番メタルのアルバムを買いまくった一年でした。

しかし一番聞いてたのはKing Crimson - Live in Chicagoだったりする。

 

 

 

Judas Priest - Firepower(2018)

正直驚いた、というのが一聴しての印象。ロブ復帰以後は良くも悪くも落ち着いた感じのアルバムが続いていて、それはそれで結構好きだった(Battle CryやNostradamusは大名曲だと思います)んですが、一気に若返ったか?と思いました。よくよく聞いてみるとそういったエピックな曲は結構あるので、全体としてそこまで変わったわけではないですが、最初2曲のイメージがそうさせるのかと。彼らでつかみの曲のイメージでアルバム全体のイメージが既定された例がPainkillerですが、それに近いでしょうか。

 

一曲目のタイトル曲Firepowerがいきなりアップテンポの曲で少しびっくりし、吐き捨てるようなサビにもすこしドキッとします。スピーディーな曲。二曲目もアップテンポの曲ですが。サビ後のスクリームが印象的。ポップな曲です。DAMかJOYか忘れましたが、早くもカラオケに入っていました。ロブ復帰後の彼らって、最初の曲がミドルテンポ(Judas Rising/Angel of Retribution)、イントロ(Dawn of Creation/Nostradamus)、ブルージー(Snakebite/Redeemer of Souls)といった入り方だったので、逆に新鮮です。なにしろロブ復帰から13年経ってますからねえ……Sin after Sin(1977)からPainkiller(1990)と同じ期間と考えるととんでもない長さです。

 

そこからは打って変わってミドルテンポのエピカルな曲が続きますが、その中でも白眉がインストGurdiansの後に続く8曲目Rising from Ruinsではないでしょうか。ロブの歌の巧さがはっきりとわかる名曲です。レコードでいうと、B面に入ってイントロから入る曲ということで、気合の入った曲に感じました。

 

そこからも一定のクオリティを備えた曲が続く、ロブ復帰後でも一、ニを争うアルバムではないでしょうか。

彼らを巡る状況は大変なようですが、それを吹き飛ばす快作だと思います。

 

★★★★★

 

www.youtube.com

 2曲目のPVと、

8曲目。

www.youtube.com

しかしなにをどうやってもジャケはダサいと思う。

日大運動部は全体として腐っているのではないか(駅伝部を例として)?

今回のアメフト騒動で日大アメフト部のダメダメっぷりがクローズアップされているが、そういえば日大の運動部ってダメな話多いよね。
今回の話で内田前監督が運動部のトップやってるって聞いて妙に納得した。
2009年まで野球部の監督をやってた人についても色々言われてた記憶があるが、ソースがないので書かない。
記憶にあたらしいのは昨年の箱根駅伝予選会。監督のこの言葉を聞いて耳を疑った。

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(来年1月2、3日)の予選会が14日、東京都立川市陸上自衛隊立川駐屯地国営昭和記念公園の20キロのコースで行われ、1位は10時間4分58秒で帝京大。日大は11位で本大会への出場を逃した。

 10位の東京国際大と1分31秒差の11位に終わった日大の武者由幸監督は「ワンブィで貯金が作れなかったのが大きかった」と唇をかんだ。ケニア人留学生のワンブィは、個人1位の桜美林大のキサイサに1分35秒差をつけられた個人4位だった。
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/10/14/kiji/20171014s00056000151000c.html

 
まあ要するに留学生のワンブィのせいにしているわけ。これだけでも十分酷い。なにが酷いかと言うと、結局予選を突破できなかったのは1人のせいだけじゃなくて、他の選手、具体的には日本人が結果を出せなかったからなんだけど、それを1人の留学生のせいにしているところ。
これを見て欲しい。予選会の結果である。
http://www.hakone-ekiden.jp/s/pdf/publicrecord_yosen94_all.pdf
日大のところだけ抜き出すが、

 

11 10:12:05 日本大学
4 59:02 119 パトリック・M・ワンブィ(3) 日本大学 ・東 京
65 1:00:53 114 高野 千尋 (4) 日本大学 ・山 口
92 1:01:06 123 阿部  涼 (2) 日本大学 ・福 島
110 1:01:15 121 松木 之衣 (2) 日本大学 ・長 野
116 1:01:19 113 川口 賢人 (4) 日本大学 ・神奈川
119 1:01:21 125 武田悠太郎 (1) 日本大学 ・東 京
148 1:01:36 118 岡野 佑輝 (4) 日本大学 ・岡 山
160 1:01:47 116 石井 健登 (4) 日本大学 ・神奈川
168 1:01:50 126 野田 啓太 (1) 日本大学 ・三 重
175 1:01:56 120 佐藤 玲偉 (3) 日本大学 ・栃 木 

 
 二番目に速かった(日本人で一番速かった)選手ですら65位なの。正直戦うレベルに達していないんだが、それをワンブィの頑張りによって出場まで1分31秒という僅差まで追い上げたのにもかかわらずこの言い草。
仮にワンブィがいなかった場合、日大で11位の選手のタイムがワンブィの記録に置き換えられることになる。ちょっとすぐに出ないので手抜きだが、10番目だった佐藤選手より遅いのは確実なので、59分2秒のタイムが61分56秒のタイムに、つまり総合で2分近く結果が悪くなることになる。その場合の総合タイムは10時間14分を超えるので、順位は14位となり出場など夢のまた夢である。
これだけでも十分酷いんだが、ワンブィ選手個人の結果に着目するとさらに酷い。武者監督いわく、ワンブィ選手の設定タイムは

 

「これが現実なのでしっかり受け止めたい。天候がこれだけ涼しくて良いので、総合タイムのレベルも高かった。15キロまでは予定通りだったが、パトリック(ワンブィ)が腹痛で予定より1分くらい悪かったのも誤算だった」と話した。

パトリック・ワンブィ(3年)は「1週間前から腰が痛く、レース中は腹痛もあった。目標は57分台。(結果は59分2秒で)1分くらい遅かった。来年また頑張りたい」とコメントした。
http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20171014-OHT1T50083.html

 

とのことで、59分2秒というタイムからすれば58分を切るかどうかを設定したいたようだ。ここで思い出していただきたいのは、10位の東京国際大学とのタイム差が1分31秒だったこと。つまりワンブィ選手が設定どおりに走っても11位のままなのである。それにもかかわらず監督はワンブィ選手に責任を置いている(内部的にどうかはしらないがコメントは)。おかしいと言わざるを得ない。どう考えても悪いのは日本人選手である。

このことを当時聞いた僕としては、日大駅伝部の指導力は底辺レベルにあると思い、正直シード入りは夢のまた夢だな、と感じた。
しかし今から考えてみればこのような人物が監督にまでなれたというのは、運動部全体の腐敗と原因を一とするものなのだな、と感じた次第。

アイドルマスターシンデレラガール総選挙

デレマスの方のイベントは片手間(なにしろプロダクション未加入)、デレステは完全にログボだけですが、このように投票しました。

f:id:sasoridan:20180509002114p:image

f:id:sasoridan:20180509002124p:image

 

最初の2回くらいは何人かに割り振って投票してたように思いますが、ここ何回かはずっと岡崎泰葉ちゃんだけに入れてます。

何かの間違いで50位以内に入ってくれれば狂喜乱舞ですが、人気が上がる要素は全くなかったので、無理ですか。

漫画の方のニュージェネに何か動きがあればワンチャンですが、期待するだけ無駄でしょうね。ちゃんみおがシンデレラガールになったら記念でいっちょドラマCD化とかどうですか?

昔は上位の順位にも一喜一憂していましたが、こっちも奈緒に声がついたくらいからどうでもよくなり、今に至ります。

何かが起きないかなあ、と願って結果を見ます。

 

以上

 

Jリーグの平均順位

1.はじめに

何かの機会にここ5年の平均順位を計算してみた。

例えばプレミア化構想を考えるときに、平均順位から選抜したほうがただ直近の順位から決めるよりいい気がするので、参考までに。

ここ5年の順位をもとに、J2は1位が19位、2位が20位という計算です。

今年J1にいるチーム+去年J1から降格したチームの合計21チームが対象。

順位は左から右に古くなります。まあフロンターレの順位を見ればわかるよね?チャンピオンシップのある年は規定に従って優勝チーム=1位という計算です。

今年の順位ではなく、平均順位順に並べてみました。

 

2.順位

1位 鹿島アントラーズ(3.2位)

  2・1・5・3・5

優勝回数は1回と少ないものの、5位以下になっていない安定が功を奏して無事トップ。ただ今年は13位と不調。


2位 川崎フロンターレ(3.8位)

  1・3・6・6・3

こちらも優勝している上、6位以下になっていないのでこの順位。今年も現在4位と好調。


3位 浦和レッズ(4位)

  7・2・3・2・6

2位が2回というのでこの数字に。チャンピオンシップがなければ……


4位 サンフレッチェ広島(6.2位)

  15・6・1・8・1

2回優勝しているのにこの数字なのはひとえに去年がやばかったから。仮に4位だったら浦和と並んでます。

 

4位 横浜F・マリノス(6.2位)

  5・10・7・7・2 

今年はすごくヤバいですが、5年前の2位が活きてこの数字。本当は優勝してたはず?3試合で勝ち点1でもとれば優勝のところからV逸するのは……

 

6位 ガンバ大阪(7.2位)

  10・4・2・1・19

2位や優勝があってこの数字は5年前はJ2にいたから。来年もJ2にいそうですが……


6位 柏レイソル(7.2位)

  4・8・10・4・10

大爆発がない一方で降格危機もないのでこのあたりに落ち着きます。


8位 FC東京(8.6位)

  13・9・4・9・8

去年少し危なかった分数字が増えてますが概ね柏と同じ傾向。今年はいい感じですね。


9位 サガン鳥栖(9.4位)

  8・11・11・5・12

1回5位があったのが活きてこの数字。今年は派手にヤバイ。


10位 ヴィッセル神戸(11.8位)

  9・7・12・11・20

安定した数字を残していますが、5年前はJ2だったのでこの数字。致し方なし。費用対効果は間違いなく悪い。

 

11位 ベガルタ仙台(13位)
  12・12・14・14・13

ある意味一番安定しているのかも知れない。今年はいい感じ。

 

12位 アルビレックス新潟(13.2位)
  17・15・15・12・7

5年前の7位が活きてこの順位ですが、降格の憂き目に。来年はもっと下がります。

 

13位 名古屋グランパス(13.4位)
  21・16・9・10・11

中位力といえばのグランパスですが、降格→プレーオフ昇格が直近であったのでこの順位に。今年は大丈夫か?

 

14位 セレッソ大阪(13.6位)
  3・22・22・17・4

5年前と去年は大躍進をしましたが、1年で帰ってこられなかったのでこの数字。

 

15位 ヴァンフォーレ甲府(14.2位)
  16・14・13・13・15

ずっとJ1にいましたが、5年間で一度も一桁順位がないので自ずからこうなります。

 

15位大宮アルディージャ(14.2位)
  18・5・19・16・14

一回だけ5位がありますが、降格を2回もするとまあこうなります。

 

17位 清水エスパルス(15位)
  14・20・17・15・9

降格するとやはり順位はきつい。今年はそこそこ好調。

 

18位 ジュビロ磐田(15.6位)
  6・13・20・22・17

1年で復帰できないとつらい。セレッソとの違いは復帰後1年目です。

 

19位 湘南ベルマーレ(15.8位)
  19・17・8・19・16

やはり2回降格するとry。

 

20位 コンサドーレ札幌(22.4位)
  11・19・28・28・26

今年は大躍進ですが、ずっとJ2にいたのはどうしようもなし。


21位 Vファーレン長崎
  20・33・24・32・24

ダントツですが、まあこればっかりはね。

 

3.結論

こうしてみると、よっぽど好成績をあげないかぎり、降格する=平均順位は下ということは間違いなさそうです。

仮に上位10チームでプレミア化するとしたならば、ここ5年J2経験があるチームではいってくるのはガンバとヴィッセルだけになります。

Kreator - Gods Of Violence(2017)

ジャーマンメタルはよく聞きます。ジャーマンハード(っていうのか?)もそれなりに聞きます。ScorpionsからRoth兄弟一派、PC69とかね。Lucifer’s Friendとかもそうですか。ジャーマンプログレも少し聞きます。一方でジャーマンスラッシュはほとんど聞いたことのない不届き者でして、SodomのAgent Orangeくらい。だがしかし、このアルバムについては普段メロディ派のレビューサイトやブログを見てても大絶賛なので、買ってみたわけです。

 

昔のKreatorは全然違ったようですが、これはすごいですね。完全にメロデスじゃないですか。聞いてて思い出したのは初期Arch Enemyです。サビの裏メロにメロディアスなソロを載っけるやり方に共通点が。デスとスラッシュの違いがあるので全く同じとはならなかったけどね。

 

全曲キラーチューンじゃないの?ってくらい充実してるけど、中でもイントロ後の2曲目

www.youtube.com

ここからノックアウトですよ。全部テンション高めだしね。正直スラッシュに関してはメタリカよりもベイエリアクランチ勢とか、三羽烏の方がよっぽどスラッシュやってんだな、と思わされます。Testamentも今でもバリバリだし、ラウパでみたOverkill、Slayerもすごかったしね。

異色、というかまるでManowar、いやAcceptな

www.youtube.com

これもすごい。スラッシュじゃないけど。ケルティックなメロディが大胆に導入されているどころか、バグパイプまで入ってる、すごいな。

あとは終盤に配置されてる、曲名はもろ捨て曲なSide By Side、ギターソロがすごいです。

www.youtube.com

 

少し前からこの路線らしいので、バックカタログもあさっていこうかな、と思っています。

 

★★★★☆

Cyhra - letters to Myself(2017)

そこまでIn Flamesが好きというわけでもなし、Amarantheに至っては聴いたことすらありませんが、これは絶賛の嵐だったので買ってみました。はい、かなりいいと思います。どう紹介するか結構難しいところですが、激しいメロディアスロックというところで、聞いていて何が思い浮かぶかな、というとCome ClarityあたりのIn Flamesのですボイスをなくしてクリーンボイスを上手くした感じ。

タイトルから感じ取れるほど内省的なメロディではないのですが、イェスパー・ストロムブラード必殺の哀メロはこれでもかとばかりに投入されています。

www.youtube.com

これとかね。

問題は曲の個性がない、よくいえば平均点以上の曲がずっと続くのでメリハリにやや乏しいかな?というところでしょうか。圧倒的なキラーチューンがあれば印象はもうワンランクアップしたかも。

 

HAMMERFALLといい、All Endsといい、実はこの人デスメタルより普通のメロディックメタルの方が向いているんじゃないの?と思ってしまう一枚。

次があればいいな、という印象の一枚でした。

 

★★★★