見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

Fair Warning 25th ライブ行ってきました

25thってすごいね……僕が聞き始めたのは、ハードロックを聞き始めた最初も最初、高校生の頃、時期で言うと再結成するかしないかの頃だったんですけども。なのでたくさんいらっしゃった他のファンの方々の中では圧倒的に若輩者ではありますが、行ってきました。超楽しかったです。

 

1曲目がAngels of Heavenだったんですけど、もうテンション最高潮!ですよ。♪Come Dance~ってマイク向けられたら歌っちゃいますよ。その後もSave Me、Out on the Run、Long Gone、次々とキメ曲を繰り出してくるもんだから超楽しかったです。ああ、興奮しすぎて曲順とかあんま覚えてません。アコースティックセットもあって、その中でもGo!からFollow My Heartがとてもよかったです。

 

そうそう、サポートなのか正式メンバーなのかわからんけど、リズムギター弾いてる兄ちゃん、どこかで見たことあるなあ……と思って見てて、特にコーラスのときのマイクへの向かい方が……って去年ラウドパークでウリ・ジョン・ロートの横でギター引いて歌も歌ってたニコラス氏ではないですか。道理でコーラスがうまいと思った。正直彼自身のバンドのアルバムとか聴いてみたいけど、出てるんでしょうか?

 

メンバーで思ったのは、まずトミーは格好いいなあ……声もめっちゃ出ててすごい。1stのキー高い曲とか普通に歌いこなしてるもんね……ウレは昔の写真とほとんど見た目が変わってない。すごい。やっぱりあれですか、ウリに近い人ほど何かのパワーでどうにかなってるんですか。ヘルゲは太り過ぎてヤバい。でも指はそんなに太くなってなかった。ギターはまあ弾けてたけど……CCはあれですね、日の丸に日本Tはいいとして、スカートはね、どうかと思います。相変わらずのハードヒットで大満足です。キーボードのトーステン氏は非常に目立ちませんでしたが、プレイは非常に奮闘していたと思いました。

 

Burning Heartはやっぱりすごい盛り上がりでしたね……「Show me your Burning Heart!!」だもんね……というかみんな歌詞全部歌えてるしね。

 

でも私的に一番テンションが上がったのはアンコール一発目、ヘルゲのソロからのEasten Sunでした。Zenoが一番好きだからね、仕方がないね。正直興奮しすぎて全部歌ってました!近くの人本当にごめんなさい!

 

DVDのために撮影してたそうで、映ってたらどうしよう?まあそれはないか、ともいいきれないような場所にはいたので……発売が楽しみです。

素晴らしいライブだったので、行ってない人も是非購入すべき作品になるはずですよ。

千葉動物公園に行ってきた。

どうもけものフレンズ以降、動物園熱が再燃してきたようで、ここのところ4週連続で動物園に行っています。東武動物公園多摩動物公園野毛山動物園千葉市動物公園の順番です。どこも遠いところなので、入園料よりも交通費が嵩んで仕方がありません。まあ遠いところのほうが広いし、いいと思いますけど、それにしてもあの都心にあの敷地面積を実現した上野動物園はすごいな。

 

東京駅から総武線快速に乗り千葉駅へ。そこからさらに千葉都市モノレールに乗って向かいます。減っていくPASMO残高に身が震えますが、チープながらも柱に動物の絵が描いてあるいかにも動物園の最寄り駅なアトモスフィアにいやでもテンションが上っていきます。

入り口でチケットを買い(700円)、左手の坂を登ると……

 

まずサル山です。いきなりサル山ってパターンは珍しいな。

f:id:sasoridan:20170417003722j:plain

なんか無造作(ではないんだろうけど)に木が置いてあって新鮮なイメージ。上手いこと一匹しかニホンザルが写っていませんが、写っていないところにちゃんとたくさんいました。

ニホンザルを後ろに見つつ、振り向くとフクロテナガザル。なんか池でこちらと遮断されているんですが、たまに落ちたりしないんでしょうか。

その横にはワオキツネザル

f:id:sasoridan:20170417003754j:plain

すげーおっさん臭くて人間味がありますね。

ちなみにワオというのは、WAO!ではなく、輪尾です。Ring-tailed lemurという英名を見れば明らかです。ちなみに何が輪になっているかというと、尻尾自体ではなく尻尾の模様が輪のようになっているから、だそうです。

 

ここ、異様に霊長類が充実してます。アビシニアコロブスやブラッザグエノン,エリマキキツネザルマンドリルといった他でもよく見る種のほか、カオムラサキラングール(といいつつ全然顔は紫ではない)、パタスザルといったあまり見たことのないサルまでいろいろいますし、屋内にはマーモセットの仲間などもたくさんおり、かなりの充実度。サルを見たい人にはたまらないのではないでしょうか。私はそこまでサルに時間をかける人ではないですが、さすがの充実度に色々楽しんでみてました。まあけものフレンズに霊長目はかばんちゃんとキンシコウしかでてこなかったけどね。

 

その中でも圧巻?なのはチンパンジー、オランウータン、ゴリラという主だった大型類人猿が勢揃いしているところです。あとはボノボだけです

f:id:sasoridan:20170417003800j:plain

このゴリラ、やけに風格のある座り方をしていますね。なんなんだ

もう一匹いたんですが、そっちは鼻くそほじってました。ゴリラも鼻くそをほじるんだなあ、と思いました(小並感)

 

ゴリラの次には動物科学館なる、熱帯雨林展示と小型・夜行性哺乳類の展示替されている施設に入ります。

f:id:sasoridan:20170417003851j:plain

オウギバトのお出迎え。ズーラシアのバードウォークでも思いましたが、オウギバトってかなり人懐っこいというか、人が近づいても全然ビビらないといいますか、逃げたりしません。その辺はハトということなんでしょうか。

熱帯雨林にはホウオウジャクとか、パラワンコクジャクなんかもいるそうなんですが、いくら目を凝らしても見つかりませんでした。鳥インフルエンザの影響で外に出ていないのでしょうか。オウギバトはいるけど。

でもここの目玉?はこいつでして、

f:id:sasoridan:20170417003755j:plain

フタユビナマケモノナマケモノっていうけど木にぶら下がるなんて結構疲れそうな生き方をしている時点で、そんなに怠けてないんじゃないかな。私のほうがナマケモノにふさわしいまである。ちなみにナマケモノが属する有毛目というのは他にアリクイなんかが属しているグループで、見た目や樹上生活をしている点からサルにも見えたりしますが、全然違う動物なのでご注意を。

 

出ると、子ども動物園なるゾーンがありますが、内容としてはフンボルトペンギンカピバラを含む、割りと本格的な展示がなされております。もちろんヤギやウマといったこういったゾーンにおなじみのもいますけども、こうやって子供ゾーン的なものに普通に見たい動物を入れるのはどうなんでしょう。まあ気にしなかったらいいだけです。

 

ゾウガメです。他にも3種3匹いました。あとはインコ、クサガメ等々。

f:id:sasoridan:20170417003857j:plain

 

レッサーパンダ(なんか5匹位いた)を見つつ、お次は「家畜の原種」なるゾーン。以下の動物がいましたが、ヤケイは鳥インフルエンザの影響か展示停止。

ヤケイ→ニワトリ

アメリカバイソン→?

トナカイ→?

モウコノウマ→ウマ

ムフロン→ヒツジ

という対応関係になっております。ちなみにウシの原種はオーロックスでして、こいつは絶滅している(復元プロジェクトはある)ので、当然動物園にはいませんね。

 

次は京葉学院ライオン校なる展示。いや、ただのライオンです。二匹外に出ておりました。両方オスなので、当然引き離されております。

f:id:sasoridan:20170417004120j:plain

よくよく考えるとネコ科の大型肉食獣はこいつらだけ、トラもヒョウもいないってこの規模の動物園にしては結構珍しいな……

 

少し進むとサバンナゾーンです。やけに日本の公園にありそうな丘に、

f:id:sasoridan:20170417004134j:plain

こうやってダチョウが走り回っており、なんともいえないアンバランス感ですが、奇妙ななんともいえない風情があります。

 

妙にお腹がたるんでいるアジアゾウを横目に、アミメキリンです。

すごく近くまで寄ってきてくれるので、観察がしやすいです。エサ箱を観客のそばに置くという発想の勝利かと思います。

f:id:sasoridan:20170417004218j:plain

個人的にキリンが見やすいところをピックアップすると、

・ここ

多摩動物公園(同じく近くにエサがあり、寄ってきてくれる)

東武動物公園(そんなに広くないのでよく見える)

 

見にくい場所は

上野動物園(午後行くと大概中に入っている)

ズーラシア(なんか遠い。ただ結構広いのでダイナミックに走り回っている)

野毛山動物園(純粋に遠い)

と言った感じです。

 

シロオリックス、アフリカハゲコウ、オオカンガルー(なんか戦ってた)、マレーバク、ミーアキャットを見ながらグルっと廻ると(小動物ゾーンを完全に見逃していた)、猛禽類ゾーンに入ります。いたのはエジプトハゲワシ、オジロワシイヌワシ、ヘビクイツル、カラフトフクロウといったところ。

エジプトハゲワシ。

f:id:sasoridan:20170417004244j:plain

黄色い嘴が特徴でしょうか。確かに頭頂部は禿げている。なかなか見ない感じの色合いかと思います。3羽いました。

f:id:sasoridan:20170417004320j:plain

カラフトフクロウ。普通のフクロウに近いのではないかと思いました。比較的大型なフクロウなのではないかと思います。

 

ペリカンなので猛禽類とは違う気もしますが、名前の由来はコウノトリ、もしかすると猛禽類かもしれない

f:id:sasoridan:20170417004327j:plain

ハシビロコウもいました。狩りをするから猛禽類なのかも。私が見た時たまたまかもしれませんが、ずっと室内にいて超見にくかった。

 

あとはペンギン(こちらはケープペンギン。フンボルトペンギンといい、両方温帯出身なので動物園でも飼育しやすいペンギンです。温度管理の心配がないから。)とかアシカをみて終わり。

 

感想ですが、比較的広めの敷地かと思いますが、わりとコンパクトにまとめられており、特に移動だけする時間が少なかったのは好印象。ただ展示自体は少し古めかな、と感じるところはありました。見た感じ、ライオンや草原エリアは改装済み、他は未改装又は今後改装、といった感じなのでしょうか。

子供にも人気の動物はおさえていますが、大型肉食動物はあまりいないかな?という印象。

ただ霊長類の充実っぷりは圧巻ですので、霊長類を見たい方は是非どうぞ。あとエジプトハゲワシとかアフリカハゲコウなんかも他では見られない動物かと思います。

 

あとはアクセスだね。東京からだとやはり遠く、かつJRとモノレールの高い運賃がのしかかります。ちなみに千葉都市モノレールは懸垂式としては日本最長らしいですよ。あとニュースとかみてるとアニメとしょっちゅうコラボってるイメージ。

 

以上です。楽しい日曜日でした。少しずつ遡る感じで、次は野毛山動物園について書きたいと思います。記憶が薄れないうちにね。

 

動物園・水族館へのアクセスについて

どこかで、それぞれへのアクセスを評価した記事を書くことになろうかと思いますが、以下の判断基準をそのまま貼るとそれだけで記事が長大なものになってしますので、独立した記事を1つ作り、それを引用する形にすることにしました。

 

基準は以下のとおりです。作ったのは2017年4月10日。修正した場合はそのバージョンを記載します。

 

 

1.評価の仕方

(1)自家用車か公共交通機関か

アクセスと言っても、行き方は人それぞれでしょう。自家用車で行くかた、公共交通機関で行くかた、はたまた自転車で行くかた、三者三様かと思いますが、ここでは主な対象はけものフレンズをみて動物園に行きたくなったかたと想定して、評価対象は公共交通機関によるアクセスとします。

 

(2)どこからのアクセス?

最低限、最寄りの駅から近ければそれなりにアクセスは良いと言えそうです。ただ、いくら駅から近くとも、その駅が辺鄙なところにあればアクセスは最悪、ということで、どこからのアクセスにするか、それが結構重要です。一箇所だと不公平な気がするので、所在都県の都県庁所在地と、東京駅からのアクセスを基準とします。

 

(3)考慮要素

ア 公共交通機関

考えられるのは、①乗車時間 ②乗換回数 ③運賃といったところでしょうか。両者とも少なければ少ないほどよいです。あと、④できるだけ電車で近づけるところ、という要素も入れたいところです。現実のバスはジャパリバスほど楽しい乗り物ではありませんので。また、バスの場合は⑤バス停は終着かということも考えたいと思います。初めてのバスで降りる場所を考えるの面倒だしね。

 

イ 徒歩

公共交通機関で行ける場所まで行って、そこから徒歩の場合は⑥所要時間を考慮します。また、動物園はなかなか難儀な場所にあることも多いので、総合的な指標として、⑦楽に行けるか、ということも考慮対象です。

 

ウ ポイント化

画一的に考えるために、ポイント化します。もっとも、これは一般化するために出発点を東京駅等にしてますので、各々自宅から適当に計算し直されるとよいかと思います。

 

① 所要時間が

~15分 これくらいならテンションが高いうちに着くと思います。20点

~30分 全然近い近い。15点

~1時間 イライラしてくるとともに、帰りが心配になってきます。10点

~2時間 泊まりを考えたくなってきます。いくらなんでも遠い。5点

2時間~ 遠すぎる。0点。

 

② 乗り換え回数が(簡単な乗り換えをA、改札を通ったり長い通路を通る乗り換えをBとします)

0回 乗り換えなどない。20点

A1回 全然許せる。15点

B1回~2回もしくはA2~3回 許容範囲。10点

B3~4回もしくはA4~6回 面倒。乗り換え時間が所要時間の大半を占めてくる。5点

B5回~もしくはA7回 論ずるに値しない。0点

 

③ 運賃が

~200円  安すぎる。20点

~300円 入場料>交通費。15点

~500円 結構高い。10点

~750円 高い。5点

750円~ 往復運賃で水族館に入れる。0点

 

④ 最寄り駅から(徒歩でもバスでも)

15分以内 全然近い。10点。

30分以内 少し遠い。5点

1時間以内 最寄り駅とは何なのか。0点

 

⑤ バス停が

終着/バスに乗らない 5点

途中 0点

 

⑥ 徒歩時間が

~5分 10点

~15分 5点

~30分 0点

 

⑦ 行くのは楽か?

これは最大15点を目安に総合評価します。

 

なお、バスに乗らずに歩いたほうが楽な場合は、その分の運賃や所要時間を振り替えることとします。これで合計100点になるはず。なお、東京駅と都県庁所在地駅からのポイントの平均で計算します。なので100点満点です。

 

 

2.計算例

試しの計算なので、計算過程を丁寧に示します。

(1)上野動物園

泣く子も黙る上野動物園ですが、さてどうなるでしょうか。東京都内ですので、東京駅からの時間と、都庁のある新宿駅からの基準です。時刻表の二重丸はたしかに東京ですけども、実際にあるのは新宿だし、バラエティのある結果にならないので。

 

ア 所要時間

基準はジョルダンです。出発時間はお昼の12時丁度にします。かかる時間は最短時間で。最寄り駅はJR・地下鉄・京成の上野駅

jorudan.co.jp

所要時間は上野東京ライン特別快速の5分です。20点。

jorudan.co.jp

所要時間は中央線快速を神田乗り換えの山手線で19分。15点。

 

イ 乗り換え回数

どちらもJRのみで、東京駅発の場合は0回で20点。

新宿駅発の場合は1回なので15点。

 

ウ 運賃。

ICカード運賃を基準とします。当然片道。

東京からだと154円、新宿からだと194円なので,両方20点。

 

エ 最寄り駅からの時間

グーグルマップによれば徒歩10分だそうです。よって10点。

 

オ バス停の位置

バスなど使わないので5点。

 

カ 徒歩時間

二重計上の嫌いもありますが、10分なので、5点です。

 

キ 行くのは楽か?

まず、駅のホームの段階で、上野公園に行くのは公園口から出ることがわかり、公園口から出ればそこかしこに動物園への案内表示があります。なんなら動物園も見えます。もっとも、うっかり不忍口から出てしまったときや、銀座線や日比谷線で来ると、少し行きにくくなることもあります。その場合は2階分階段を登る必要も。以上を総合的に考慮し、13点を加算します。素晴らしいアクセスです。

 

ク 合計

東京駅から

20+20+20+10+5+5+13=93点

新宿駅から

15+15+20+10+5+5+13=83点

平均すると

88点。これ以上無いアクセスだと思います。

 

(2)ズーラシア

個人的にアクセスが最悪だと思う最右翼、ズーラシアです。

 

ア 所要時間

最寄りのバス停は「よこはま動物園」。JR中山・相鉄線三ッ峰・二俣川からのバス以外でのアクセスは不可能です。なお、バス停は動物園ゲートの真ん前にあるので、そこの所要時間は0として扱います。

本当は横浜駅から直通バスが出ておりますが、東京駅からだと本数が非現実的なので除外、横浜駅からだとそれに合わせればいいのでそれを使う、ということにしました。

東京駅から

jorudan.co.jp

経路3です。76分、5点。

横浜駅から

jorudan.co.jp

経路7です。うまくあわせてください。40分、10点。

 

イ 乗り換え回数

東京駅から、Bで2回。10点。ですが、時間的にJR中山駅で乗り換えられるのなら、少しましになります。

横浜駅から0回、20点。

 

ウ 運賃

東京駅から875円、0点。

横浜駅から216円、15点。

 

エ 最寄り駅から

東京駅からバスで8分、バス停まで歩いて5分かかるので計13分、10点。中山駅からだともう少しかかりますが。

横浜駅からバスで40分、0点。

 

オ バス停の位置が

いずれも終着なので5点。

 

カ 徒歩時間

いずれも0分。10点。

 

キ 行くのは楽か?

まずバス必須というのがストレス。後帰りがなかなか来なくて困る。ただ、バス停が目の前と言うのは素晴らしい。また、出発場所によっては、中山駅・三ヶ峰駅・二俣川駅のどこからバスに乗るのが良いか非常にわかりづらいのもマイナスポイント。ということで、両方共3点です。

 

ク 結果

東京駅から

5+10+0+10+5+10+3=43点

横浜駅から

10+20+15+0+5+10+3=63点

平均

53点

 

何れにせよバスを使わなければならないというのが、大幅なポイントダウン。

 

 

と、このように計算していくので、よろしくお願いします。

動物園好きから見たけものフレンズ12ーかくことがないー(けものフレンズ12話)【2017年冬アニメ感想】

 

 

 お世話になっております。11話の最後で書いたとおり、新登場のフレンズはいなかったので、書くことがありません。困りました。

 

ということなので、ここではここまで出てきたフレンズたちの大・整理でもやってみようかと思います。細かいところはアップトゥデートにしきれていないところもあります(分類のところ。もしかすると下記よりも最新の分類があるところがあるかと思いますので、お調べください。各記事を書いたときに調べたものは反映しています。)。

 

 

1.話別に分類。

(太字は種別が紹介されなかったフレンズ、赤字はお兄さんお姉さんの解説が入ったフレンズ。関東地方で見られる動物園を幾つか付記。詳細は各話へ。)

 

・1話 

サーバル(ネコ目ネコ亜目ネコ科ネコ属)…多摩動物公園、東山動物園

カバ(鯨偶蹄目カバ科カバ属)…上野動物園東武動物公園他多数

トムソンガゼル(鯨偶蹄目ウシ科ガゼル属)…なし

シマウマ(ウマ目ウマ科ウマ属) …上野動物園多摩動物公園ズーラシア他多数

アードウルフ(ネコ目ネコ亜目ハイエナ科アードウルフ属)…日本平動物園 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・2話

オセロット(ネコ目ネコ亜目ネコ科オセロット属)…ズーラシア

マレーバク(ウマ目バク科バク属)…上野動物園ズーラシア他多数

フォッサ(ネコ目ネコ亜目マダガスカルマングース科フォッサ属)…上野動物園

インドゾウ(ゾウ目ゾウ科アジアゾウ属)…上野動物園多摩動物公園他多数

アクシスジカ(鯨偶蹄目シカ科アクシスジカ属)…東武動物公園

キングコブラ(爬虫類有鱗目コブラ科キングコブラ属)…ジャパンスネークセンター

ミナミコアリクイ(有毛目オオアリクイ科コアリクイ属)…上野動物園他多数

クジャク(鳥類キジ目キジ科クジャク属)…多摩動物公園東武動物公園他多数

エリマキトカゲ(爬虫類有鱗目アガマ科エリマキトカゲ属)

オカピ(鯨偶蹄目キリン科オカピ属)…上野動物園ズーラシア

コツメカワウソ(ネコ目イヌ亜目クマ下目イタチ上科イタチ科カワウソ亜科ツメナシカワウソ属)…エプソン品川アクアスタジアム他全国各地の水族館・動物園

ジャガー(ネコ目ネコ亜目ネコ科ヒョウ属) 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・3話

トキ(鳥類ペリカン目トキ科トキ属)…佐渡市トキの森公園

アルパカ・スリ(鯨偶蹄目ラクダ亜目ラクダ科ビクーニャビクーニャ)…東武動物公園、他牧場等

ショウジョウトキ(鳥類ペリカン目トキ科トキ属)…多摩動物公園、江戸川自然動物園 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・4話

スナネコ(ネコ目ネコ亜目ネコ科ネコ属)

ツチノコ(???)…日本各地 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・5話

アメリカビーバー(ネズミ目ビーバー科ビーバー属)…東武動物公園

エナガ(鳥類スズメ目エナガエナガ属)…その辺

ツカツクリ(鳥類キジ目ツカツクリ科)…上野動物園

オグロプレーリードッグ(ネズミ目ネズミ科プレーリードッグ属)…江戸川自然動物園、上野動物園 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・6話

オーロックス(鯨偶蹄目ウシ目ウシ科)…絶滅

アラビアオリックス(鯨偶蹄目ウシ科オリックス属)…金沢動物園

 ライオン(ネコ目ネコ亜目ネコ科ヒョウ属)…東武動物公園多数

ニホンツキノワグマ(ネコ目イヌ亜目クマ下目クマ科クマ属)…上野動物園他多数、そのへんの山

オオアルマジロ(被甲目アルマジロ科オオアルマジロ属)

ヘラジカ(鯨偶蹄目シカ科ヘラジカ属)

アフリカタテガミヤマアラシ(ネズミ目ヤマアラシヤマアラシ属)…東武動物公園

シロサイ(ウマ目サイ科シロサイ属)…東武動物公園日本平動物園

ハシビロコウ(鳥類ペリカンハシビロコウハシビロコウ属)…上野動物園

パンサーカメレオン(爬虫類有鱗目カメレオン科フサエカメレオン属)…鳥羽水族館 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

 ・7話

アフリカオオコノハズク(鳥類フクロウ目フクロウ科コノハズク属)

ワシミミズク(鳥類フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属)…江戸川自然動物園、東武動物公園他多数 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・8話

マーゲイ(ネコ目ネコ亜目ネコ科オセロット属)

ロイヤルペンギン(鳥類ペンギン目ペンギン科マカロニペンギン属)

イワトビペンギン(鳥類ペンギン目ペンギン科マカロニペンギン属)…油壺マリンパーク海遊館葛西臨海水族園他多数

ジェンツーペンギン(鳥類ペンギン目ペンギン科アデリーペンギン属)…エプソン品川アクアスタジアム他多数

フンボルトペンギン(鳥類ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属)…新江ノ島水族館他多数水族館

コウテイペンギン(鳥類ペンギン目ペンギン科コウテイペンギン属)…名古屋港水族館 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・9話

ギンギツネ(ネコ目イヌ亜目イヌ下目イヌ科キツネ属)…宮城蔵王キツネ村

キタキツネ(ネコ目イヌ亜目イヌ下目イヌ科キツネ属)…旭山動物園

カピバラ(ネズミ目カピバラカピバラ属)…井の頭自然文化園、アクアワールド茨城県大洗水族館他多数 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・10話

アリツカゲラ(鳥類キツツキ目キツツキ科ハシボソキツツキ属)

タイリクオオカミ(ネコ目イヌ亜目イヌ下目イヌ科イヌ属)…多摩動物公園

アミメキリン(鯨偶蹄目キリン科キリン属)…東武動物公園他多数 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・11話

キンシコウ(サル目オナガザル科シシバナザル属)…(熊本市動植物園

ヒグマ(ネコ目イヌ亜目クマ下目クマ科クマ属)…上野動物園他多数

リカオン(ネコ目イヌ亜目イヌ下目イヌ科リカオン属)…ズーラシア

アライグマ(ネコ目イヌ亜目クマ下目イタチ上科アライグマ科アライグマ属)…井の頭自然文化園

フェネック(ネコ目イヌ亜目イヌ下目イヌ科キツネ属)…井の頭自然文化園 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

・12話

ヒト(サル目長鼻猿亜目真猿下目ヒト上科ヒト科ヒト亜科ヒト族ヒト亜族ヒト属)…日本平動物園野毛山動物園

マイルカ(鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科マイルカ属)

 

2.実は新登場?

と12話を見ればわかるように、ヒトとマイルカが新?登場。といってもマイルカは一切画像がない。大体水族館にいるイルカはバンドウイルカとかシロイルカだと思いますが、マイルカはいないそうで、写真は当然ありません。証拠のクレジットくらい(あとでアップします。

 

ヒトに関してはその辺を見渡してくださいとしか。とりあえずジョークとして

 

f:id:sasoridan:20170414000900j:plain

今は檻の中に入ることができません。似たようなのは日本平動物園にもあります。

 

ふう疲れた。本当は種類別に整理しようかと思ってたけど面倒すぎるのでやめた。これでけものフレンズ感想も完走。皆さん、お疲れ様でした。

ブルーレイの話をしていないような気もするので、そちらは随時……

ついにアニメの感想が消滅してしまった。

 

 

 過去話の感想は全て書いたので、一つだけないやつを……

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

 

 

動物園好きから見たケモノフレンズ11ーヒグマの対策は遭遇しないことー(けものフレンズ11話)【2017年冬アニメ感想】

いやこれはマジなんです。私も野生のヒグマと遭遇したことはないですが(あったら多分死んでる)、北海道でキャンプしていたときに、何時間か前に見かけた、というおっちゃんの話を聞いたことがありまして、震え上がった記憶があります。それ以来動物園に行ってもヒグマだけは少し離れたところから見る癖がついている気がします。

 

うん、けものフレンズと全く関係なかったね。私も無事Blu-rayをゲットしまして、もしかすると1000人くらいしかいないうちの1人なのかもしれませんが、まあそれはそのうち何かしら書くとして、今回の話だった。出てきたのは

キンシコウ

・ヒグマ

リカオン

ですね。

 

キンシコウ

f:id:sasoridan:20170401231941p:plain

キンシコウについては、私は何度も見たことがあるんです。というのも、昔は神戸花田区の王子動物園キンシコウが飼育されておりまして、あそこの一つの目玉であったのです。小学生だった私はその頃大阪周辺に住んでおりましたので、何度か王子動物園で見た記憶は鮮明です。しかし、去年の9月に行ったら跡形もなくなっておりまして、調べたら2003年末で中国に返還したとのこと。そもそもが繁殖協力といったたぐいのもののようでして、たしかにそのようなパネルがあったかなあ、と思いますが、それが終わったので返還した、とのことのようです。同様に東山動物園のキンシコウも返還したということです。他にも熊本動物園にいた、いやいるそうなのですが、地震の影響で休園しているので、現在日本でキンシコウを見られる動物園はありません、というのが当ブログの立場にたった説明です。

それにしても、金糸猴という漢字からもわかるように、金に近い毛並みで、非常に綺麗な猿だった記憶です。

ちなみに別名は「ゴールデンモンキー」。中国語そのままですね。

 

・ヒグマ

さてヒグマだ。火を恐れないやべーやつ、遭遇しないことが最善の対策です。まあ北海道の山中に行かない限りそうそう遭遇することはないんだと思うのですが、札幌に行ったときタクシーの運転手に聞いたのは、円山球場の方だったか、住宅街に出没したこともある、とのことです。いや本当にやべえわ。

f:id:sasoridan:20170401231950p:plain

そんなやべえやつ動物園で飼育するとか勘弁、といいたいところですがそれはほとんどの肉食動物に当てはまるところですので、ヒグマに対してだけ言うのはダブルスタンダードですね。関東近辺で見られるのは上野動物園東武動物公園です。

f:id:sasoridan:20170401231958p:plain

ここですね。最後まで熱い東武動物公園の酷使でした。それだけ取材に協力してくれた、ということでしょう。これから訪れる皆様としては、感謝の念を込めて動物を見るにとどまらず、大いに飲み食いし、また遊園地の方も楽しんでいってください。

f:id:sasoridan:20170404081827j:plain

これは多分見ている向きが逆なのかな?ガラスが傷だらけで(なぜ傷だらけなのかは……【お察しください】)、うまく写真を取ることのできる角度が少なかった、そういうことにしておいてください。多分スクショ中央の右から左に下がっている丸太が、写真中央の左から下がっている丸太なのではないか、と思います。ちなみに写真の奥で寝っ転がっている黒いのがヒグマでして、それを別角度、左手に空間が見えるかと思いますが、そこから撮影したのが

f:id:sasoridan:20170404081854j:plainこれ。なんてツメだ。強そうとしか言いようがない。こちらは平和に寝ていて可愛らしさすら感じますが……少し暖かい日でしたが、まだまだ寒いようで、火の当たるところで昼寝でしょうか?毛も長く、防御力の高さが伺われます。あと足の裏、すごいですよね。なんというか、グリップ力が高そうな見た目です。

f:id:sasoridan:20170404081902j:plain

これは別の個体。檻に向かってガンガン来てるところ、撮影後2秒で離れました。東武動物公園のヒグマ舎は凹型になっていまして、上の出っ張り部分にそれぞれ一匹ずつ、出っ張りの上方向と出っ張りの間から観察できます。ちなみにこの左では餌やり体験も決まった時間にできるようですが……まあ、正直これくらい頑丈にしてくれるなら希望が持てる気がします。

一方上野動物園はと言いますと、ヒグマは大方非常に見づらい隅っこにいるわ、壁を登れば脱出できそうだわ、であまりおすすめできません。しかしホッキョクグマ、ヒグマ、ニホンツキノワグマ、マレーグマ(ついでに大熊猫)が一気に見られるというのは結構壮観だとは思います。逃げ出したら上野湯島本郷が恐慌状態になるのは想像に難くない所ですが、これもクマに限った話ではないですね。

f:id:sasoridan:20170404082037j:plain

こんなところで上野動物園のヒグマは飼育されています。多分手前の方にいるんじゃないかな。オレンジ色のボールで遊んでいるところはよく見ます。

クマついでに、

f:id:sasoridan:20170404082000j:plain

大熊猫ことジャイアントパンダ上野動物園です。まあ図体のデカさとかはクマっぽいよね、と思います。クマ科ジャイアントパンダ亜科ジャイアントパンダジャイアントパンダですが、ジャイアントパンダ亜科とクマ亜科はクマ科の中でも結構離れているらしいです。

分類の話ついでですが、食肉目(ネコ目)のうちのイヌ科、ネコ科、クマ科をどう分けるかというお話なんですが、これも色々考え方があるようでして、ウィキペディア記載の最新の分類によれば、ネコ科、マングース科などが属するネコ亜目と、イヌ下目、クマ下目が属するイヌ亜目にわけられます。イヌ亜目はさらにイヌ科の属するイヌ下目と、イタチ上科、クマ上科、アザラシ上科(鰭脚類。セイウチ、アシカ、アザラシなどが属する。)の属するクマ下目にわけられるようです。

なぜここまでネコ目の分類に固執したかというと、まあ↓で出てくるのが全部ネコ目だからなんですが……

 

リカオン

f:id:sasoridan:20170401232003p:plain

で、イヌ科はイヌ亜科となり、その中で大まかに4つの分類がなされます(本当に大雑把に言うと、ハイイロギツネの属するハイイロギツネクレード、キツネやタヌキの属するアカギツネクレード、正直よく知らない種しかいない南米クレード、ジャッカル、他のイヌ属、そしてリカオンの属するオオカミ型クレード)。リカオンはオオカミ型クレードの中のリカオン属。体長は1メートルほどとさほど大型ではない(イヌ科としては大きいかも)ですが、最高時速が40キロを超える速さと、非常に広い行動半径からセルリアンハンターとなったのでしょうか。まあハンターとなった理由を考え始めると、キンシコウは何なん、ということなんで、深く考えないでおきますが……キンシコウはまあ武器(どうみても如意棒)をみればわかるように、孫悟空からの連想なのでしょう。

f:id:sasoridan:20170401232007p:plain

こうではない。これはさばんなちほーの背景ではないか。 

f:id:sasoridan:20170404082215j:plain

f:id:sasoridan:20170404082303j:plain

少なくともこんな感じなので、間違いなく上は違う。電話には応じてもらえてたけど写真の使用許可は出なかったのか、間に合わなかったのか、どちらでしょうか。そういえばなにげにズーラシアは初登場ですかね。まあズーラシアにしかいない、というのはなかなかいない(逆にズーラシアにいない、というのもあまりないくらい充実しています。)のでこうなるのも仕方がないのかと思います。オカピオセロットあたりに出番があったのなら、もっと早く登場していたのかもしれません。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 にも書きましたが、飼育種数も非常に充実しているうえ、生息地別に整理し、生体展示への配慮もなされている、かなり気合の入った動物園かと思いますので、けものフレンズで取り上げられる機会が少ないとはいえ、ぜひご来訪なさることを強くおすすめしたい動物園です。

 

まだら模様と大きな耳が特徴的な……サーバルみたいですね。見た目はぜんぜん違うけどね。

 

・アライグマ(アライさん)

あと、この話で初出というわけではないけども、

f:id:sasoridan:20170401232009p:plain

アライグマのアライさんがここで紹介。アライさんなんて連呼するものですから違うアライさんがずっと脳裏に浮かびっぱなし。まああっちのアライさんは新しい井ですが、こちらは洗い、まあだからどうしたという話ですが、まあ狙ってるのは間違いないよね、と……

f:id:sasoridan:20170404082627j:plain

この隣は2話に登場したコツメカワウソのゲージです。どうせなのでけものフレンズ風に撮影したのがこちらの写真になります。

f:id:sasoridan:20170404082724j:plain

ドアップ。アライさんにおかれては、眼付近の模様が忠実に再現されていない気もしますけど、結構雰囲気は似ているのではないかと思います。

アライグマはクマ亜目イタチ上科アライグマ科アライグマ属になります。サーバルよりはリカオンに近く、リカオンよりはヒグマに近い、そのような分類上の地位です。タヌキみたいな見た目だけどどっちかというとクマだよ。

ちなみにアライグマの天敵はオオヤマネコやオオカミ、ワシミミズク、それに加え駆除してくるヒトだそうです。アライさんはカバンちゃんを追っかけている場合じゃなかったのではないでしょうか?オオヤマネコはいませんでしたがサイズ的にはサーバルがぴったりだし、他は全員出てきます。

都内だとあと井の頭自然園にいました。

 

フェネック

f:id:sasoridan:20170404083032p:plain

最後はキツネ。結構ネコ目イヌ下目をまんべんなく(鰭脚類以外)紹介した気がします。特徴は大きな耳。

f:id:sasoridan:20170404082901j:plainアニメ同様、とても大きな耳でしょう?寝てたりうろつきまわっていたり、とても可愛らしい。

f:id:sasoridan:20170404083012j:plain

これまた井の頭自然園。ということは吉祥寺まで行けばアライさんとフェネック、両方会えるのか。少し狭いところですし、アジアゾウのハナコ亡き後が寂しい本園ではありますが、小さいなりにツボは抑えている感じがしますし、結構楽しいところですよ。リスのバードゲージなんかもあるし。ただ鳥類が割合多めなので、鳥インフルエンザが収まってから行ったほうが楽しめるかもしれませんね。

 

さて残るは12話だけですが、12話は新規登場がいない(厳密にいる?)ので、こうやって動物園を紹介するのは最後かと思います。

 

12話感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

 

過去のお話。 

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

 

番外編 

look-down-scorpion.hatenablog.com

動物園好きから見たけものフレンズ10ータイリクオオカミの遠吠えー(けものフレンズ10話)【2017年冬アニメ感想】

今後話がどうなるの?とかセルリアンがどうのこうの言うのは全て考察勢()におまかせするとして、当ブログでは登場したフレンズのもととなった動物、より正確には動物園を推す路線を残り三話でも維持していきたいと思います。

 

ということで、今回はアリツカゲラ、タイリクオオカミアミメキリンの全三種。

でもアリツカゲラって鳥じゃん?鳥ってあんま写真に取らないじゃん?というかコンデジだと小さい上に細かく動いてるから取りにくいじゃん?で、そもそもどこにいたか思い出せないと……多分見たことないな。ごめんなさい。どっかで見つけたらアップします。

金髪なのは元の姿を反映させたもので、ロッジの管理人というのはキツツキ科の習性をそのまま反省させたものなのでしょう、多分。sおれにしてはキツツキ特有の鋭い嘴はどこにいったんでしょうかね?

f:id:sasoridan:20170317082942p:plain

 

f:id:sasoridan:20170317082948p:plain

というわかでタイリクオオカミですよ。ちなみにタイリクオオカミというのは一般的にオオカミと言われる種の総称なので、「タイリク」と付ける意味はなさそうですが、まあ名前というのは区別するためのものなので……ニホンオオカミもでタイリクオオカミの亜種です。

タイリクオオカミを飼育しているところは結構ありそうですが、私が生で見たことがあるのは旭山動物園多摩動物公園。どちらも比較的に広いスペースを確保した上で、群れを構成できる数を揃えて飼育しており、結構理想的な飼育環境(マシなほうってこと)といえるのではないかと思います。というか、旭山動物園タイリクオオカミは生体展示のお手本として有名ですよね。

f:id:sasoridan:20170317224752j:plain

こやつが旭山動物園タイリクオオカミ。まあ当然だけど極めてイヌに近いルックスですよね。この写真、自分が撮った中でもかなりいい方の出来なのではないかと自負しているのですが、撮ったのiPhoneなんですよね。機材なんてどうとでもなるということか。無理ですかそうですか。一眼レフがほしいです。

f:id:sasoridan:20170317083002p:plain

さてこの協会、私の記憶が正しければタイリクオオカミを日本で再導入し、他の外来生物に淘汰圧をかけよう!なんてことを言ってた記憶があるところです。

とんでもない話です。確かにニホンオオカミタイリクオオカミは亜種レベルの差しかありませんけども、DNAを見た種の保護というのは、そんな大雑把なレベルの話で議論していないんですよ。そういう議論って生息地レベルでのDNAの差異に注目しているレベルなので、同じ日本原産の種であっても、極端に言えば河川の支流レベルまで見ているんです。ある支流で絶滅しかけているから、隣の川から連れてくればいいよね、という問題ではないんです。それをすっ飛ばしたこの議論には恐怖を覚えます。

また、実務的にも大きな問題がありまして、本州以南の日本人を襲ってくる可能性のある大型哺乳類ってほとんどいませんよね?農業も林業も何もかも、そんなものいないことを全体に回ってます。そもそもオオカミの餌となる哺乳類って野生じゃあほとんどいませんし、そうなったら次に襲うのは家畜、そして人間ですよ?そこまで考えての議論なのでしょうか?

 

閑話休題旭山動物園は少しばかり遠いので、もう少しアクセスのいいところのご紹介。多摩動物公園です。入って左手、トキのいる坂を登った更にその先に飼育

されています。

f:id:sasoridan:20170320232534j:plain

よくわからない写真ですが、結構広いスペースとそれなりの自然が確保されているのです。ホントだよ?しかし多摩動物公園は入ってから右に行くか左に行くかで、だいぶ印象が変わると思うので、二回は行くことをおすすめします。主に時間と体力の問題です。また、水族館とは違って2周するなんてことはほとんど不可能に近いので、じっくり観察しましょう。

 

お次はアミメキリン

f:id:sasoridan:20170317082955p:plain

推理キャラの意味はわかりませんが、首が長い=首を突っ込むの連想でしょうか。違うと思うな。

首が長いやべーやつ。フレンズで首の長さを再現するとどこかの部族になるのでそれはやらなかったのでしょうが、他は結構キリンっぽいですよね。本当にどうでもいいですが河馬や象と違い、キリンを麒麟と書くと違う意味を包含するので注意。

びっくりしたんですが、キリンはなんとペットとしても飼えるそうで…法的にはの話で、物理的・経済的には相当ハードルが高そうです。

f:id:sasoridan:20170317083014p:plain

また出たよ、東武動物公園。そういえばキリンだと身長を示すなにかがかならずありますが、あれはなんなんでしょう?いや分かるんですけど。まあ教育的効果を考えると、数値で示すのも大事だと思います。

f:id:sasoridan:20170320234310j:plain

というわけで撮って出しのキリンのおうち。室内ではなく屋外にいさせてあげてもいいんじゃないかな?逆光でみにくいのは本当にすいません。さすがキリン、人気で人垣が耐えることはありませんでした。

f:id:sasoridan:20170320233906j:plain

この写真は半年前のもの。彼らのいるサバンナエリアはすこーしわかりにくいので注意。駅側の入り口からみて、フラミンゴよりも手前のところで分岐しているので、フラミンゴに会ってしまったら、引き返すか後回しにして下さい。そこにはミナミシロサイバーバリーシープ、シマウマ、ダチョウ、そしてキリンがいます。

亜種レベルだと、展示でも示していないところが多かったりするので、「キリン」のレベルで示すと、大抵の動物園で飼育していると思います。上野動物園多摩動物公園ズーラシア野毛山動物園等々。

 

次はヒグマらしいです。ヒグマは本当に怖いのでNG

 

11話~の感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

 

過去の感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

番外 

look-down-scorpion.hatenablog.com

動物園好きから見たけものフレンズ9ーどうせ茶番ってわかってたー(けものフレンズ第9話)【2017年冬アニメ感想】

「上野動物公園 けものフレンズ」なる謎の検索ワードからの検索流入がありました。わざわざ検索から見ていただけるのは極めてありがたいことですが、上野動物公園is何。上野動物園です。ちなみに多摩にあるのは多摩動物公園ですので、混じり合ったのでしょうか。ちなみに前回紹介した葛西の水族館は、「葛西臨海水族園」です。「館」ではなく「園」なのがミソ。あともう一つは井の頭自然文化園。ややこしいですね。

 

キツネと聞いてエキノコックスが出てきたのは私だけではないと信じますが、まあジャパリパークだし、そんな寄生虫はいない優しい世界なんでしょう。ちなみにエキノコックスは60度で加熱すると死滅するらしいのですが、温泉に混浴しても大丈夫かはやや心ともないところです。多分大丈夫だとは思うのですが……ちなみにネコも感染するので、サーバルちゃんも安全ではない。

 

ソリですよね、ソリ。あれかばんちゃんの発明かと思ってみてたんですけど、みんな「ソリ」って単語使ってますよね。画面に映っていないところでカバンちゃんから説明があったのでしょうか?いやそれはおかしい、なぜならかばんちゃんもそのようなものは知らないはずなので、思いついたとしても「ソリ」と名付けることはできないはずだからです。どういうこっちゃ?

 

さて、今回はキツネですよ、キツネ!キツネのケモミミってすごい定番な気がするから、正直あんま違和感がないというか、表現が定式化していてかつここでもそれから外れてはいないから、すごく違和感がない。つり目ってのも定番要素の一つだよね。まあ、可愛いからなんでもいいんだけど。

f:id:sasoridan:20170314082502p:plain

で、ギンギツネってのはアカギツネの亜種なので(ぶっちゃけキタキツネもアカギツネの亜種。アカギツネってのはキツネと言われて連想するあのキツネです。)、毛の色以外は普通のキツネです。ちなみに亜種と言われてどれくらい違うのか、違わないかというので身近な例を示すと、ネアンデルタール人は現生人類であるホモ・サピエンスの亜種とされています。ホモ・ネアンデルタールという種名。その程度の違いしかないと捉えるか、そんなに違うのかと捉えるかは人それぞれですが、そういった違うだとお考えください。ちなみに、クロマニョン人(去年から今年にかけて上野の国立科学博物館で特別展が開かれていました)は、種としては完全に我々と同じホモ・サピエンスですのでお間違えなきよう。

しかし、ホンドギツネ自体は本州以南ならどこでも(最初は「北海道以外の日本全国」と書こうと思いましたが、なんとなくポリティカルにコレクトネスではない気がしましたのでやめました。)棲息しているので会えるんですが、ギンギツネは日本にいるのかな?ちょっと気になる(いるなら会いたい。普通のキツネならあるんですが)ので、調べたらここに反映しますね。

f:id:sasoridan:20170314082459p:plain

で、調べた感じだと日本でギンギツネを飼育しているのは二施設のみで、このことから日本にギンギツネはいないんじゃないか、と推測できちゃうんですがそれはさておき、 この「宮城蔵王キツネ村」にはキツネがたくさんいるそうでして、ぜひ行ってみたいところでありますが、エキノコックスとかはどうなっているんでしょうか。予防方法など知りたいものです。

 

f:id:sasoridan:20170314082501p:plain

で、こっちはキタキツネですが、エキノコックス(いい加減にしつこい)といえばキタキツネ、というイメージがあります。というより、北海道で野生のキツネに近づくな、的な。もっといえば、北海道の野生動物といえばあとヒグマなんかもいるわけで、野生動物全般に近づかないほうがいい気もするんですがその辺は道民はどうなんでしょうか?ちなみにこういう引っ込み思案でゲーム好き、といったイメージがどこから来たのかさっぱりわからないので、誰かご存知でしたらご教授ください。

f:id:sasoridan:20170314082500p:plainはてさて、日本でもキタキツネを飼育している動物園は結構あったはずですが、なぜにカナダ?しかもカナダにはキタキツネは生息していないはずですが……

しかもカナダのはずなのに後ろが漢字で笑える。

 

ということで、再度旭山動物園です。せっかくだから北海道の動物園、ということで。 

f:id:sasoridan:20170317224729j:plain

網をぼかしきれていないのはご愛嬌。腕の問題もあるし、撮ったのiPhoneだし、仕方がないね。たしかここでもエキノコックスがやばいから野生のキタキツネとは接触しないでね、的なことが書いてあった記憶。

f:id:sasoridan:20170317225611j:plain

ついでだからホンドギツネを。それこそ動物園にまで行く必要はないんじゃないか?と思いますが、まあ近くで見られるというメリットは有りましょう。しかし何時間も一眼レフを構えて写真を撮る必要はないと思うんだけどなあ。

あ、これはズーラシア。少し狭くて好きになれない展示方法ではありますが……写真としては結構上手く取れたほうだと思います。 

 

あとフェネックなんかもキツネ属……ってアライさんとフェネックの記事書いてなかったな……いつか何処かのタイミングで(とか言っていると、ブルーレイのときとかになる。)と思いますが。なんか登場のタイミングがどんどん早くなり、かつカバンちゃんとサーバルにどんどん肉薄してきていてますね。

 

今回はキツネだけではなく、世界最大のげっ歯類、カピバラ。でかいネズミ、このようにオフロに入っているところもよく見られます。別の野生のカピバラが温泉に入るとかそういうわけではなく、どこかの動物園が温泉に入れてみたら馴染んだ、という程度の話らしいですが。水辺の生物ということで、水族館でも結構飼育されてますね。パッと思いつくあたりだと、海遊館エプソン品川アクアスタジアム、アクアワールド茨城県大洗水族館。動物園でも色んな所にいると思いますが、関東だと東武動物公園上野動物園井の頭自然文化園ズーラシアetc……動物園の動物には、どこにでもいる(故に飼育していないと他に差をつけられてしまう)動物と、そこまでいるわけでもない(いなくても差はつかないが、特別ウリにはなるわけでもない)動物と、あまりいない(他と差がつく)動物がいると思いますが、多分カピバラは最初の分類に当たるのかな、と思います。上野動物園でわかりやすく(?)説明すると、最初がアジアゾウ、二番目がサイ、最後がパンダとかそういう感覚ですね。

f:id:sasoridan:20170314082458p:plain

話が逸れた。それにしてもフレンズは服を着たまま風呂にはいるのか。うーんこの

さてさて、カピバラという動物は南米の温かいところに棲息しているネズミですので、旭山動物園(言うまでもなく冬は寒い)では冬は展示していないそうで(夏しか行ったことがないので展示中止のところを見たわけではないですが)、ゆきやまちほーに棲息し、あまつさえこのように温泉まで入りに来られるとは到底思えないんですがどうなんでしょうか。温泉に定住しているんでしょうか。でも温泉は止まっていたような……

 

f:id:sasoridan:20170317224820j:plain

これは9月初旬なので(夜は結構涼しかったけどね)関係ありませんが、旭山動物園カピバラです。まっっっったく記憶に無いけどね。

せっかくだから水族館のも、と思いまして、

f:id:sasoridan:20170317230023j:plain

エプソン品川アクアスタジアム。ここのカピバラは結構見やすいのです。水族館だと、海遊館なんかはどうしてもガラス越しだし(海遊館でガラス越しじゃないのは最初のカワウソ(上から)とオオサンショウウオ、最後のイワトビペンギンとタッチプールくらいだったはず)、八景島シーパラダイスは確かふれあいラグーンにいたと思うんですが、そしてアクアワールド茨城県大洗水族館はちょっと遠くからしか見れないのよね、ってことでエプソン品川アクアスタジアム。ここは結構近くに寄れるのです。アマゾンとかその辺の一番奥。エプソン品川アクアスタジアムのウリはなんていったって日本で3箇所にしかいないというマンタなんですが、密かに海棲哺乳類とかペンギンもたくさんいるんです。まあカピバラはどっちでもないけど、少し変化球を投げ込んでくる感じの水族館ではある。イルカショーはどうでもいいんですけどね。夜からでも入れてデート向け……なんてのはどうでもいい情報で、昼くらいから大森のしながわ水族館とはしごができるというのが素晴らしいところです。

巨大げっ歯類といえばカピバラですが、日本には当然棲息しておらず(沖縄の方で野生化したそうですが)、じゃあ日本一のげっ歯類は何なん、となるとなんなんでしょう。ドブネズミのでかいやつとかでしょうか。外来種でいいならまあカピバラなのかもしれませんが、真っ先に思いつくのは鴨川のヌートリア。鴨川に限らず日本中にいるんですが、こいつは体長が40から60センチはあるそうでして、おそらくこいつよりでかいげっ歯類は日本にはいないのではないでしょうか。ちなみにヤツらは年に3回出産、半年で出産可能、1回に5匹ほど出産というとてつもない仕様でして、これぞねずみ算式。見た目は可愛らしいんだけどね。カピバラとはテンジクネズミ科仲間であります。よく見ると似てるね。他にはモルモット。

 

しかしカピバラね、彼らどこの動物園で見ても寝てるか食ってるかな気がするんですが、気のせいかな?

 

物語も佳境に入り、考察勢も色めき立ってきましたが、当ブログは一貫してそのような立場に踏み入らないようにしてまいります。あくまでも動物園のことだけ。そういえば次回はタイリクオオカミ多摩動物公園で録音した遠吠えの音声があるんですけど、You Tube以外でアップする方法はありませんかね?

 

10話~感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com  

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

 

1~8話感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com