見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

ラブライブサンシャインは正直いらないけど大人の事情でできたんだろうな、というお話。

去年の夏に1stシングルが発売したかと思ったらラジオやG'sやらでドンドン展開が進んでいき、もうアニメ化が決まったんですって?のラブライブサンシャイン。破竹の勢いですね。今月でμ'sは終わってしまうということで、その後継者としての指名も託されました。μ'sの後継者ということはGsの読者参加企画の命運も握ったということですよこれは。

今のところ順調なようで何よりですが、正直μ's並の成功は無理でしょうね。というかそれはそもそも誰も期待してないんで、おそらくそこそこの成績を残しつつ、かの大ヒットアニメラブライブの名汚しにならない程度にヒットしてもらいつつ少しずつ縮小し、そしてソフトランディングを狙っているものと考えるのが妥当です。

正直私はこのやり方に反対。μ's終わらせるんだったら、ラブライブって企画自体もういいじゃん?スクールアイドルってネタは確かに発展性はともかくネタの受け皿としては優秀なんで、二匹目のドジョウくらいはゆうゆうと狙っていけそうではありますよ?CDも売れて、成績もいいんだろうしね。

正直終わらせて欲しい、ってのは感情論にすぎないってことも理解しているつもりです。

でもさ、その感情を形成させたのって作ってる側じゃないですか?TVアニメと映画でご丁寧に2回も解散ネタやってさ。

「これでラブライブ終わるんだ」なんて覚悟決めさせておいてからのサンシャインでしょ?バカにしてんの、って感じがする。

まあ私はラブライブってコンテンツは好きだけどアニメ、特に映画はあまり好きになれない守旧派なのはわかってますけどね。でもいらないんです。

 

閑話休題

なぜスクールアイドルというコンテンツは続くのか?

そもそもCDを出せば売れる、グッズも売れる、ブルーレイも売れる、で終わらせる理由ないんですよね。

よく引き合いに出されるのは先輩シスタープリンセスの引き際の良さですが、これだって人気投票の票数もすっごく少なくなってきて、もう完全に終わったとしかいいようはないけどまだ完全に見放されてないうちに自分で延命治療を終わらせちゃおう、みたいな感じですから、この企画は総じて引き際は悪い。

この引き際の悪さとまだ儲かるという状況を鑑みるに、それでもラブライブではなくμ'sを終わらせちゃうってのはやはり南條愛乃さんの膝がよっぽどひどく、これ以上ライブするのが困難だってことなんでしょうね。

fripSideでも忙しい南條さんでしたから、正直いなかったライブも結構あったかと思いますが、それだってこないのはイレギュラーってことで許されてたんでしょうから、本格的に出られないってことはまずいです。

このコンテンツはある程度は3次元との共通性が求められますから、恒久的に絵里がいない状態ってのを作品にも反映させざるをえず、そうすると確実に世界観と合致しない状況(絵里が治らない怪我をしたとかそういうの)を生じさせざるを得ないことになり、まずいって判断が働くことは自明の理です。したがってμ'sは終わらせざるをえない。

私は、アニメの展開自体このような状況判断のもとに考えられたと思います。

だから花田大先生は悪くない(今記事で言いたかったこと)

 

じゃあなんで続けるの、って話、

一つはもったいない、ってことです。

次はスクフェスの絡みです。

あとは雇用維持。

 

もったいないはここまでのとおり、ここまで大きくなったコンテンツを強制終了というのはまったくもってもったいない。既存絵を流用しつつ、グッズで細々と儲けを狙っていくというのも考えられるところではありますが、展開が完全終了したコンテンツは真のオワコンとなり全く見向きもされなくなるのは、ギャラクシーエンジェルでも俺の妹がこんなに可愛いわけがないでもなんでもいいんで振り返ってもらえれば自明のことです。こういったコンテンツはあとから知った物好きと懐古厨のみによって、主に中古ショップでのみ消費され、一銭の儲けにもつながりません。

したがって完全なるオワコン化はNG、こういうことです。

 

スクフェス。

今のユーザー数を完全にシャットダウンするのは不可能でしょう。したがってこれは継続し続けるしかない。

しかし今のユーザー数を維持するためにはとてつもないランニングコストがかかることは想像に難くありません。そのためには従来のペースで新しいURとイベントを投入し続け、客を維持し続けるしかない。今更のアーケードもそのためなんじゃないか、と思います。

あとサンシャイン組も来るしね。

 

雇用維持。

これは冗談みたいな冗談ですが、一部の声優以外は正直ラブライブ以外のまともな仕事ないんで、少しでも残しておかないと無職でヘタするとR-18な世界に行っちゃってとんでもないことになるよね、というだけのお話です。

まあ声だけの18禁なら別にいいんでしょうが、ここまで大々的にアイドル売りしてからの映像までR-18となると、これはきついですよ。将来的なワンチャン再結成もありえなくなるし、映像利用とかも自粛になっちゃいますから。

何人か危なそうに見える人いるしね。誰とは言わないけど。

せめてまだラブライブ声優だ、という意識だけでも残しておいてくれればそっちの世界には行かないんじゃないですか、というのもある。

 

こういう妥協のもとに、ラブライブという枠組みだけ残しておいて、μ'sは排除してからの新スクールアイドルってことなんじゃないかなあ、と思いました。

次はラブライブサンシャインは多分成功しないと思う、って話を書きたいと思います。

というかそれを本当は書きたかったんだけど、この記事の話を書かないと書けそうになかったんで、これを先に書きました。

 

とここまで書いて匿名ダイアリーみてたらこんなん来てたんですけど

anond.hatelabo.jp

全面的に賛成です。南條さんの膝関係なくラブライブというコンテンツの寿命はもう来ているんだとと思います。

でもサンシャインがコケようがこけまいが何らかの形でμ'sは出すんだろうなあ、と思うと今からもううんざりしております。

 

3月8日午前11時追記

とか言ってたらfinalシングルが過去最高の売上ですって。、

mantan-web.jp

曲の売り上げとクオリティはまあ比例しないけどねえ…