見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

何点で○○%OFF!!に弱すぎて悲しくなってくる

例えばCD5枚で10%オフ!ってあるじゃないですか。

いや、ディスクユニオン池袋店でのお話なんですけどね、今日の。

こういうのがあって、かつ3枚位は買いたい!!ってのがあるとするじゃないですか。

こういうとき必ず残り2枚を無理やり探して買ってしまうんですよね。

なんなんでしょ、この心理。

今日は奇跡的に自制心が働いて追加購入しなかった。神。

これと似ていることって結構あって、例えば秋葉原に行くじゃないですか。

うちからだと結構交通費かかるんですよ。400円位かな?

そういうときってなんも買わずに買えるのももったいない、ッて思っちゃってついつい必要なのか微妙なものを買ってしまう。

なんだかなあ、と思ってたときにこんな記事を見つけました。

 

www.b-chan.jp

 

「途中まで作ったおカネが無駄になるからもったいない!」

 

という主張はおかしいわけですね。

途中で止めれば10億円で済みますが、完成させれば、その10億円にさらに20億円と毎年の1億円が追加されます。

 

どっちを選んでも過去に発生してしまっている10億円は消えません。

これを、埋没コストと言うんです。

どっちを選んでも埋没コストは変わらないんだから、埋没コストを議論に入れるのは間違いです。

 

おお、なるほどって思った。上記ブログさんが例に出しているところのダム費用10億円が僕でいうところの交通費400円というわけですね。確かにこれ以上買い物をしようがしまいが、もう400円(もっというと帰りのも含めて800円)はかかってしまうと。これ以上ムリに買うのは損、本当にそのとおりだと思いました。

そういうのをサンクコストっていうんですね。わたくしそんな言葉聞いたことありましたけど、てっきりサンクコストだと思ってました。同じ間違いをする人は多いらしく、グーグル日本語入力先生に訂正入れられました。

さておき、サンクコストを考慮に入れなければ、これ以上(無駄な)買物をすることで鐘が失われることになるわけですね。しかもその判断を一瞬でできるならともかく、買うものを探したり悩んだりで無駄に時間を使うことになるわけで、そういう意味でも無駄ということになるんですね。

すごく納得した。

 

まあ物は捨てないんですけどね。維持にかかるコストとか考えると間違いなのかもしれませんが、後で読みたくなって探しまわる手間を考えるとね…

また買えばいいじゃん、とも思えますけど、まあすぐに手に入るものばかりでもないし、買うのも手間いるし、飼う過程でまた無駄が発生する気がするので、ここはスルーしておきます。

 

あ、ここまで来たら本当にどうでもいいんですけど、冒頭の例は違いますね。

似てる気もしますが、単にカネの無駄という話です。欲しいものが見つかったなら別だけどね。

そう考えると何枚で何割引セールってうまい商売だな、と思いました。