見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

咲-Saki- 15巻感想 

漫画感想

昨日買って、今日読んだんで感想でも書きたいと思います。

今結構漫画積んでるんですよね…10冊位?それなのになぜあとから買ったものを先に読んじゃうんでしょう?

一応ヤンガンは毎号買ってるんで、ストーリーも全部把握してるんですけどねえ。

 

私咲については完全に後追いでして、確か7巻から買い始めた勢です。

麻雀も咲から入った糞ニワカです。それを念頭に読んで下さいませ。

 

今回は1巻丸々準決勝第2試合大将戦。

咲さんの勇姿…も見れますが、メインは末原です。これは譲れない。

末原の末原による咲さんのためのお話。

 

多分上がった回数は末原が一番のはず。いちいち数えませんが、多分そうです。

圧倒的なスピード(があるらしい。元々そういう選手だったらしいが、明らかにあとづけだよねえ…たしかに準々決勝でもそういった描写はあるにはあったが、なんだかなあ。)を武器にここまでのリードを維持して決勝を目指す末原に、嶺上開花で立ちはだかる咲さん・・・と行きたいところですが、うまく行かず涙目なご様子(42頁)。

どうも末原さんは咲さんの目線からカン材の在り処を察しているらしく、それをうまくずらされてカンができず涙目。合宿でマホにやられたことを思い出し、「二度目だからだ」と自分を励まします。

なんというかこの巻の彼女、非常に人間らしい。準々決勝の明らかに魔王としか言えなかった姿とは打ってかわって、他にも揺杏の能力発動にビビってみたりと、なんか普通の女の子みたいです。

 

あざとい。

 

あざといのが今回の宮永咲さんなんですか、そうですか。

 

一方ダントツ最下位の有珠山高校獅子原揺杏さんですが、正直良くわからない能力(多分雲を媒介にして喚び出す系なのかな?永水の面々に近い感じでしょうか。)を駆使し、数え役満を上がるなどした結果一時は2位まで浮上します…が、能力を発動しても止められることが多々あったり、振り込む回数も多かったりでどうも基礎雀力が劣ってる感じなんだよねえ…

 

後半戦前の休憩で、例によって部長のアドバイスが原村さんを媒介として伝達され、なんとか立ち直る咲さん。

上がりまくり、結果としてなんとか2位で試合を終えます。

 

全体としてネリーが大人しかった・・・んですが、最後の3局連続で大きいのを上がり、力を見せつける…

というかこの引きだと何が何やらわからないので、詳細は決勝で描写するつもりなんですかね。

 

結果は、臨海女子ー清澄ー姫松有珠山となりました。

末原さんが途中で髪型をもとに戻しちゃうんですけど、どうもそれが行けなかったんじゃないですかねえ

これは慢心ですわ

 

今巻の見どころ。あえて画像無しでやってますが、画像無しで見どころ紹介するの辛くね?

 

①143局(本巻最初の局)の見開き・

なぜか穏乃、竜華、鶴姫、淡と準決勝第1試合大将のメンツが表紙です。姫子ちゃんがとても可愛くてGood!!しかし淡の乳おかしくね?なんか超電磁砲に似たキャラいたよ?

 

②小鍛治健夜さん。

この巻でまさかの事実、すこやんが麻雀を始めたのは高校時代だったという設定が明かされます(7頁)。

「牌を初めて触ったのがそもそも10年前だから!」

「牌にかける青春も」「インハイにかける長年の想いも」「当時の私にはよく分かってなかった」のが心残り。

結構びっくりした。連載時の話ね。

多分この辺はシノハユでおいおい描写されるのかな?赤土さん的にはどうやってもバッドエンド。

 

愛宕

回想です。

2年前、入部初日に末原の力を見ぬいた愛宕洋榎さん、つるもうと声をかけます…それに対して我らが末原さん(当ブログは当然末原嬢を全力で応援しております。)、こう切り返します。

「全中で活躍したサラブレッドさんが同学年の強いもん同士でつるもうってわけですかそういうんきらいやわ」

さすが末原!としかいいようのないなんとも言えない返しに愛宕姉、圧倒的な器の広さ?を見せつけます。

「たしかにちょっとみっともないか」

それを受けたのよーさん、

「くそダサよー」

愛宕洋榎氏は末原さんのいうことに納得したのか、でも少し悔しいのか「ちょっとみっともない」と認めますが、それを受けてのよーさん、容赦なく「くそダサ」とツッコミを入れます。

この巻で一番笑ったかな?というシーン。

なんだかんだ普通のお友達にはなるんです。ならなかったら末原さんただの嫌な人じゃないですかやだもー

 

④5位決定戦

ここに来て新しい設定を入れるのはやめろ!!

見たいけどさ!!

知ってたけどさ!!

5個目のスピンオフとかやってるばあいじゃないだろ!!

あれなんですかね、ネームはいくらでも量産できるけど絵を描くのに時間がかかるんですかね。

 

なんか見たことのない絵があるとおもったら連載時にひどかったところです。うん。

 

最後の穏乃は・・・まあいいや。

 

次の16巻も楽しみです(連載読んでるけど)。