見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

Magma - Kohnzert Zund(2015)その1

フランスのプログレッシブ・ロックバンド、マグマのライブを集めたボックスセット。

発売は2015年…去年です。去年はRiah Sahiltaahkも出たし、活動が活発だったっていえるのかな?

まあ再発ボックスの発売を持って活発というのも抵抗が泣きしにもあらずですが…

来日もあったしね、行けなかったけどな!!

内容はさておき、まず目を引くのはその巨大な外箱です。今撮りました。 f:id:sasoridan:20160327221930j:plain

横の8インチタブレットと比べてご覧ください。

でかい。そのくせしてCDの梱包はしょぼい。本当にショボい。紙ジャケよりショボい。

内容勝負ってやつです…?

まあこの外箱のハッタリのきかせ方はMagmaっぽいといえばMagmaっぽいのかも?

ここまでMagmaマークがビックだと、所有欲は満たされるしね。

 

というかこれを通販で注文するまで結構迷って、なんでかっていうと日本語のサイトだと収録内容の説明が書かれているところが本当に少なかったから。まあ 英語のサイトを断片的に理解して、買う価値はあるな、と判断したわけです。やはり洋楽を聞くんなら英語がわかることは必須なんですかね。ちょっと思いました。

買ったのはタワレコ。割引とかポイントを考えるとAmazonとかHMVより安くなった。

でもなぜか発売から2週間ぐらいたたないとこなかったんだよねえ。Amazonにすればよかったと少し思いました。

あとセブン受け取りってすごいね。お金払うの受け取るときなんですね。

 

閑話休題

愚痴はさておき、内容は、7~80年代の既発ライブ+Theusz Hamtaahk Trilogie+神話と伝説(DVD)からの音源+未発表ライブ。

前者2つはリマスターがなされているとはいえ、元々の音質にそこまで不満はないので、あってもなくてもいい感じはする。どうせなら音質が悪いことに定評のあるAKT9あたりのリマスターが欲しかったが、本ボックスにはAKTシリーズからの音源は無し。したがってBBC1974もトゥールーズも、当然Reimsもないので、そのへんが聞きたい人は個別に探して買ってください、ということになる。そのうちその辺もまとめてくれないかな…まあ大体持ってるけどさ、リマスターしてくれるなら欲しい。

うーん、この辺Magmaを知らないと全くわからない記事だけど、おそらく「Kohnzert Zund」なんて検索してこの記事に来る人はある程度わかっている人だろうからまあいいか。

 

Retrospektïẁはともかく、Hhaïとかは誰でも持っているのだし、わざわざこういうのに入れなくてもいいという気しかしない。まあ持ってないなら個別に買う必要性が薄れていいのかもしれない。そうなるとこのKohnzert Zundというセット、1万円超えの価値は00年代のライブにある…ってことになりそうなんだけどどうなんだか。

どうせなら同じ曲でもいいから、違う日の演奏とか入れて欲しい。どうせまだ何個か隠し持ってるんでしょ?ヴァンデ側にあるのかトップ側にあるのかは知らんけどさ。 

 

さてさて、ライブごとにレビューしていきます。

 

CD1:MAGMA LIVE KÖHNTARK

CD2:MAGMA LIVE HHÄI

 

要するにMagmaといえばこれ、かの名ライブ盤「Hhäi」。このボックスを欲しがる人は確実に聞いてるだろうし、言及は省略したいです。リマスター効果もそこまで感じられないので。

ただ、Köhntarköszについてはトゥールーズの方が格好いいと何度聞いても思う。これだけは言わせて欲しい。

いわゆる「ど~れ~み~」のパートのあと、普段ならロックウッドがバイオリンを鳴らすはずのパートで、あえて鳴らさない。そこで聞こえてくる音はパガノッティのフェンダーローズなわけですが、それだけというのが本当にいいんです。この1分間くらいだけのためにトゥールーズを買う価値はある。

フリップが、暗黒の世界収録の「Trio」においてブラッフォードがドラムを叩かなかったのが最大の貢献だとか言って作曲者にクレジットしたエピソードがあります。しかしぶっちゃけあの曲かなり退屈なんで、ドラムでも叩いてくれてたほうがよっぽどましだったよとかいう腰抜けエピソードなんですが、こっちはそんなことありません。

あえてなのかヴァンデの指示があったのかはわかりませんが、退かなかったロックウッドの判断には賞賛を送りたい。それくらい素晴らしい演奏となっております。

ああ、当然ですが内容は悪名高き一枚組のものではなく、セブンスレコードから出されている二枚組のものです。

なぜかそれぞれ違うタイトルがついちゃってますが、同じものです。

まあこれをMagmaの入門盤にするのはどうかと思う…という話はどこかでしたいです。

結構受け売りな話ではあるんですが。

 

CD3~5:Retrospektïẁⅰ~ⅲ

 

これも既発のものと内容が変わらないので省略。

個人的にあまり好きではないですが、10周年ということである程度の気合は入っております。

M.D.Kの演説とかは結構良かったかな、という印象。

まあ今これを集めると中古でも三千円はするし、そう考えるとこのボックス結構お得なのかもしれないですね。