見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

そりゃまあ「日本死ね」って言いたくもなる。

雑感

anond.hatelabo.jp

 

"保育園落ちた日本死ね"の一連の動きに関しては、共感から危惧までいろいろ意見も出そろった感があるけど、自分確認した範囲では見られなかった観点があると思ったので赤っ恥を覚悟で言っておく。

 まあどこかで見たことはある気もするけど、「ズルい」って言う直截的かつわかり易い言葉を使っているのは早々無いので、この増田自体はフーンって感じで読んだ。

"保育園落ちた日本死ね"のどこがズルいのか? 別に刺激的な表現がどうのとかポピュリズムがどうのとかという意味ではなくて、政治を動かすのにほとんどコストがかかってないからズルいのだそうだ。

 なるほど、「ズルい」ね。もうこの感覚がどうしようもなく昭和である。そして政治への直接的な働きかけをパイプを持っている自分たちのものに独占しておきたいというのを隠してなくて、どうしようもなくギルド的であり、唾棄すべきものであり、ゴミクズである。

 

極めて時代遅れだ。昭和では、一般市民が政治家に意見を届かせる方法はコネを辿って直接届かせるしかなく、まあそれが議員様の力の源の一つであったんだろうが、もうそのような時代ではないのである。

自民党の議員様も2chを見ていると噂されている時代である。平成も27年間が終わっているのである。はてなは見ているかは知らん。今回もTwitter経由の拡散なんだろうから、みてないのかもしれない。だったらTwitterで拡散すればいい話である。

「ズルい」という感覚は、論理としては納得できるが、時代の変化に全くついていけていない。このようにネット経由で意見が届きうる時代である。既にギルド構造は崩壊しつつある。それに対する断末魔として捉えるのが正しい。

特権階級的なのは仕方がない。そのような肥大した自意識を育ててきた責任は我々国民の側にもある。

もう治療不可(Difficult to Cure)であろうから、安楽死しかない。したがって「日本死ね」というのは極めて正しい。

 

「日本死ね」と言うべきだっただろうか?: 極東ブログ

この人の意見は8割が鼻で笑うもの、2割がまあ読んでもいいかなくらいのものだが、これは8割である。

[日本死ね」という言葉尻を捉えて批判する輩に多いことだが、そう書きたくなった絶望を無視しているか、気づいていない。そして気づかない、無視せざるを得ない自らの愚かさにも気づいていない。

「日本」ならヘイトスピーチに当たらないが「日本人」なら当たる、などということはどうでもいいどころか全く無関係であり、ミスリードを狙っているとしか思えない。

 

「保育園落ちたの私だ」ということはどういう意味だろうか: 極東ブログ

こちらはさらに愚かだ。

「保育園に落ちたの私だ」というのは言うまでもなく「Je suis Charlie(シャルリは私だ)」の改変である。

それに気づいているのか無視しているかはやはりわからぬが、これに触れないで「保育園に落ちたの私だ」を読み解こうとしている時点で、この記事は無駄なのである。

 

長々と書いたが、このような状況になっている事自体がやはり「日本死ね」なのだし、もうどうしようもないのだ。

この騒動が自作自演だとかそういうことは極めてどうでもよろしい。

待機児童の問題が生じているのはリアルなのである。

そしてこの問題を[ズルい」としか感じられないような輩が政治に関わっている時点でやはり「日本死ね」