見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

何が広島の仁義じゃボケとしかいいようのない話

hiroshimalove.com

 

タイトル見た瞬間にカーっととなってしまった。今では反省している。

しかしこれが現在のサンフレッチェサポの間で蔓延している無責任な言説なのである。

どこかで述べるが、仁義を欠いているのはいまやサンフレッチェの方である。そのことを忘れてはならない。

 

と言っても記事終盤、

 今こそ久保会長を応援しよう!

などとのたまう ところまでは文句はない。しかし、いくつか決定的な事実を落としている。

これは欺瞞であり、重大なごまかしである。不作為犯である。この問題を語るにあたっては、その事実を述べることについて作為義務が存在する事実が存在するが、確実にそれである。

それはなにか。

サンフレッチェの2012年の減資・増資である。

www.sanfrecce.co.jp

ちなみに2007年にも増資している。これには問題はない。問題は5年という僅かな年月しかないことである。

 

www.sanfrecce.co.jp

 

2007年の増資後の株式構成。

【増資後】デオデオ(39.85%)マツダ(21.37%)広島県(4.27%)
     広島市(4.27%)中国電力(3.42%) 

 でこれが2012年減資・増資後の株式構成。

【株主名 - 持株比率】
株式会社エディオン 46.96%
マツダ株式会社 16.67%
中国電力株式会社 3.42%
株式会社広島銀行 2.99%
広島県 2.50%
広島市 2.50%
株式会社中電工 1.70%
株式会社中國新聞社 1.50%
株式会社広島マツダ 1.38%
山陽木材株式会社 1.25%

エディオンデオデオである。一応。

これを見てもらえば広島市・県ともに泥をかぶっている。

しかし見てもらえば分かる通り最も泥をかぶっているのはマツダである。サンフレッチェマツダには一生頭が上がらないはずである。

それなのに、マツダを悪者にするかのようなこの文章、どちらが仁義を欠いているのか。猛省していただきたいが、このような阿呆には到底不可能なことであろうから期待はしない。

ついでに市も県も損をしているのである。この増資の時点で久保会長がサンフレッチェを引き受けた音などというものが存在したとしても、恩返しは終了したと考えるのが妥当である。

 

ここからは各個撃破を狙っていく。

まず、

資金調達方法は、toto助成金35億円、エディオン及び久保会長個人からの寄付金30億円、企業からの寄付金20億円、個人からの寄付金10億円、残る45億円は市債での調達を想定されているようです。 

 の部分であるが、とりあえず市にたかることは確定らしい。どうやって45億円返すのか。仮に20億円で完済するとして、年間の維持費が2億円とする(本当は改修のための積立が必要であるが無視する。)。そうすると、

(45+2×20)/20=1年に4億円の使用料を払っていただかないと、到底不可能である。

ちなみに今の使用料は年間6000万円で、2015年度決算における利益は約1億2千万円である*1

 らしい。そうすると到底4億円など期待できないことはよく分かってもらえると思う。

ちなみに樽募金は1億円超である。10億円なんて夢のまた夢としかいいようがない。

このように資金繰りからおかしいのである。

募金なんて少し考えれば分かりそうなものだが、考えないところに愚かさが滲んでいる。

あ、もう一つ忘れてましたが、土地の使用料どうするんです?結構な額になりますよ?あとあの土地では命名権使えないんですけど、どうするつもりなのか。

宇品じゃ赤字とか言ってますけど、正直跡地でもどうように赤字だと思います。

 

更に言えば、エディオンの本社は大阪、店舗は日本全国に広がっており、サンフレッチェ広島だけを応援することが許されている訳ではありません。

そのような状況で、サンフレッチェ広島の為、そして広島の為に「ヒロシマ・ピース・メモリアル・スタジアム」案を公表する事が、経営者としてどれだけの覚悟を必要とする事でしょうか。

これは勝手な想像ですが、現在66歳となった久保会長は「広島に対する最後の恩返し」という想いを持って「ヒロシマ・ピース・メモリアル・スタジアム」案を発表しているのではないでしょうか。

久保会長はサンフレッチェ広島が苦しい時期に、「広島のため」にサンフレッチェを救ってくれました。そして、今も自らの保身を顧みず、サンフレッチェ広島のため、そして広島のために行動しています。

 覚悟というかなんというか、その割には跡地には都市公園法上の規制があることを知らなかったりするので、覚悟足りてないんじゃないですか?

ちなみに、跡地に建てる予定のスタジアムは定員2万5千人だそうです。そうすると、ナビスコ天皇杯ACL全て含めてもせいぜい25試合がMAXというところでしょうから、62万5千人ですか。今の客入りを見てるとこの半分入るかも怪しいですけどね。それしか入らないものをあんなところに作ること自体、広島のためにならないと思いますよ?恩返しでもなんでもない。

あと法律の壁はどう越えるのかご教示いただきたいですが、これに対する記述も見当たりませんね。

あと完全に無視してますけど、ビッグアーチは25年も使ってないんで、建て替えには早過ぎる。市民球場とまでは言いませんけど、40年は我慢してもいいんじゃないですかね?

 

言っておきますが、私はスタジアム建設には賛成です。正直土砂崩れやらで財政は火の車なのでしょうが、そのような状況でも宇品に作るといった松井市長には拍手を送りたい。

しかし今の市長・県知事はどちらも地元出身で好感が持てますね。

結構他所の人が多かったしなあ…

2万5千人しか入れないスタジアム(去年みたいな3万人以上入る試合はどこでやるんですかね?まさかビッグアーチとはいいませんよね?)よr,代表戦ができる規模のスタジアムを建てるべきなんじゃないですかね。今なら陸上施設はついてきませんよ?ビッグアーチはまだまだ使えるしね。

 

しかし、広島県広島市広島商工会議所には、サンフレッチェ広島久保会長の案について、その「実現可能性」を真摯に検討すべき義理があるのではないでしょうか。 

 ゼロには何を掛けてもゼロ。このことを認識すべきではないですか?

 

怒りのあまり一気に書き上げてしまった。

最後にドヤ顔で株主比率書いてますけど、それはマツダ等々に大損させた結果ですからね?

こういう無責任な言説が、一番広島にとって害です。

 

look-down-scorpion.hatenablog.com

反対論の根拠は、こちらと合わせてお読みください。