見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

「艦これ 劇場版」観てきました。感想(ネタバレ含有)

艦これ

最近艦これの話しかしてないな……

皆さんイベントで胃を痛める毎日が続いているかとおもいますが、今日公開の艦これ劇場版、観てきました、

感想は……意外にもポジティブです。ネタバレを大量に含みますので、観ていない方はブラウザバックをお願いします。

f:id:sasoridan:20161126210230j:image

f:id:sasoridan:20161126210233j:image

入場者特典はピンバッジです。裏には2つ留め金があり、以外にしっかりとした造り。中を開けるまでのガチャ要素がないのは胃に優しくてGoodです。

 

【重要なネタバレのため反転】

如月が轟沈するシーンから始まります。この時点で、如月が中心なのかな?と思いましたが、後の展開から考えるとあれは吹雪だったのかも……いや、もう一回見ればわかるんで、そこは見返してきますけど、おそらく如月だと思います。

【ここまで】

 

三川艦隊の夜戦から始まります。加古が!衣笠が!!青葉が!!!古鷹が!!!古鷹が!!!(大事なところなので二回言いました)天龍が!そして鳥海が動いてる!

古鷹が!!!!動いてる!!!!!!

伝統の夜戦、鳥海のあのセリフが出てきます。夜戦シーン、作画も素晴らしく、動きも細かくここでかなり興奮しました。というか動く古鷹で泣きそうになった

妖精さんの描写なんかも手が込んでて、かなり良かったと思います。鳥海の熟練見張員妖精さんもゲームのとおりのグラで、このシーンは良かったです。

というか天龍のあの刀ってああ使うんだ……

全体的にTVでのドタバタ感のある銭湯に比べ、「熟練した」感じの戦闘でとてもよかったです。

 

とここで海が赤くなる、繰り返しますが海が赤くなります。

この赤くなるのが今回のキーだったりしました。

ここで如月が浮かんできて、頭に?が浮かびます。

どういうことなの?

 

場面は代わり、ショートランド泊地に向かう二航戦+α。いや、主人公の吹雪もいますが、二航戦しか観てませんでした。あと龍驤さんも出てきます。というか軽空母龍驤しか出てこなかったな……南太平洋に縁がある軽空母ということなんでしょう。

吹雪にだけ聞こえる謎の声。ここで重要な伏線がはられます。

 

感想と言いつつハイライトになっています。これはよくない。

感想に徹します。

 

まあそのあとはいつもの面々が出てくるんですが、長門陸奥、一航戦、金剛比叡で出てくるシーンがあります。ここで比叡が一言も喋らずとてつもなく不安になりますが、その不安は的中せず、今回の映画は比叡大活躍です。金剛より出番多いんじゃないの。少なくとも榛名よりは多い。

大井で思い出したが今回は大北の出番が少なかった。TVアニメの批判を受けての結果だと思いますが。

 

夏祭り風のシーンがあります。到着祝ということのようです。

敷波がでてきます。しかし喋りません。どういうことなの?許されると思ってんの?と思いました。でも熊野がしゃべってたんでいいと思いました。ちゃんと航空巡洋艦に改装していたみたいだし。

 

ストーリーの根幹に関わるシーンがその後でてきますが、多くは語りません。わけわからなかったから。本当に意味がわからなかった。今はだいぶ消化出来てきましたが、観た直後は、さっぱりでした。

 

大作戦が発令されます。今回提督は中部海域やら北方海域にいるということで、完全に出てきません。全部長門(というか陸奥と大淀だな)が作戦を立てます。

先程の海の赤くなっている部分にいると艤装が壊れるので、アイアンボトムサウンドの真ん中に行って原因を突き止めなければならない。なぜか吹雪だけは大丈夫なので、吹雪を送り込みましょう、そのために他の敵をなんとかしましょうという作戦です。

索敵の結果空母棲姫も出張ってきているらしく、それを機動部隊で誘引しつつ、比叡率いる艦隊をアイアンボトムサウンドに投入しよう、という作戦のようです。比叡率いる艦隊です。ほんとうに大事なので二回言いました。

 

これ以上はガルパンのミフネ作戦以降を書くようなものなので省略しますが、

・比叡から大和に旗艦を渡すシーン

・その前の比叡が探照灯を照射するシーン

・夕立の無双

・岩本隊の奮戦

は大変良かったと思います。

全体的に、戦闘シーンは見応えがありました。

 

で、なんどともなくダイソンこと戦艦棲姫が出てきます。

冗談抜きにそのたびに胃がいたくなって、つらかったです。ワンパン大破の映像が何度もフラッシュバックしそうになります。それをワンパン撃沈する大和。さすが!うちの大和もダイソンをワンパンしてほしいです。

よかったのはヲ級flagship改が出なかったことです。出てたら発狂してたと思います。ツカスはいました。死すべし慈悲はない

 

総評としては、先行していたストライクウィッチーズ劇場版やガールズアンドパンツァー劇場版には到底勝てないとは思いますが、アニメよりは遥かに良い出来で、もう一回くらいは立川まで行って観てもいいかな、と思えました。少なくとも戦闘シーンに関しては、二者に比肩する出来であったと言えると思います。ストーリーは……まあそうねえ……TVで言われていたポイントは確実に直してきていたとは思いますけども……

 

いやまあ、かなり面白かったと思いますよ?というか面白かったです。古鷹も活躍したし、比叡も活躍したし、比叡も活躍したし。

三川艦隊提督はマスト、如月提督はどうなんだろうなあ……結構つらそうですが一度は観たほうが……比叡提督の同志は必ず観ましょう。