見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

けものフレンズファンに送る、動物園のススメ(関東近郊編)

もはや社会現象と化しているといっても過言であるけものフレンズですが、関連商品を買いたくとも、CDは売り切れでのけものフレンズBlu-ray(書籍)は発売が一ヶ月後、ソシャゲはアニメ開始前に終了していた、ときたらお布施の先がありません。せいぜい最近二巻が出たコミックスと、iTunesでOPを買うくらいでしょうか。

gamebiz.jp

nlab.itmedia.co.jp

おまけに漫画も終了と来て、お布施する先がないぞ!

 

ここは仕方がないから、アニメ制作を通じてお世話になっている動物園に聖地巡礼することで間接的に貢献しよう、そういう記事です。全体的に触れておきたい事項と、関東近郊の幾つかの動物園(私が行ったことのあるところ)の紹介になります。

 

 

1.動物園の魅力

動物園の魅力は、日常で観察できない動物を、間近で観察することができるところにあると思います。また、専門家による解説がされていることも多い他、生息地域ごとに分けて展示されていることも多く、動物園にもよりますが、実際の生息環境を追体験できるのもいいところです。見逃せないポイントですが、獰猛さや臆病さ故に自然環境では近づくことの出来ない距離で観察できるのもいいところですよね。

子供が親子連れや遠足で行くところ、というイメージも根強いですが(そして水族館はカップルがデートで行くところ)、大人になってから行っても充分に楽しいところです。

可愛らしい、格好いい、興味深い動物を観察できる行楽施設として、またそういった観察を経て動物についての見聞を広める施設として(案内板や解説板は熟読しましょう)、楽しいところだと思います。

 

2.禁則事項

やってはいけないことは、大きな音を立てるガラスを叩くカメラのフラッシュを炊くなどの行動で動物に刺激を与えること、他のお客や、飼育係さんなどの仕事のじゃまをしないこと、それだけです。

あとは自分の見たい順番で、好きなだけ見ていれば良い。

 

3.恩賜上野動物園

東京のど真ん中に位置し、1882年開園と135年の歴史を誇る、日本最古の動物園。ありとあらゆるジャンルの動物が集められた動物園で、かつ都心に位置していることもあり、いつ行っても賑わっている、動物園といえばここ、と言った感じのところ。

www.tokyo-zoo.net

目玉はやはり正門入ってすぐのところにいるジャイアントパンダか。他にも、世界三大珍獣として名高いオカピコビトカバがいる。哺乳類に関しては、種の単位まで行くのならともかく、科の単位までだったら大体のものがいると思う。ただ、ここでしか見られない!というとがった展示はあまりないようにも感じられます。また、案内板が少しそっけないかな?とも。レッドデータブックへの記載状況があるのは、いいことだと思います。どこかに附属書の意味なんか書いてあると尚良し。あと古い動物園ゆえ仕方ないところではあるが、生態展示への配慮はやや足りていない印象。東園、特にスマトラトラやインドライオン、ローランドゴリラ辺りでは生態展示になってきているのですが、西園がまだまだ。現在西園も不忍口側から工事が始まっており、10年位経てば様変わりするのでしょうが、現状はまだまだかな?と思います。

それでも、動物園に行こう、となったときにまず思いつく、THE動物園。

最寄りはJR線他の上野駅と、千代田線湯島駅

f:id:sasoridan:20170208234644j:plain

アジアゾウ

 

4.多摩動物公園

規模においては上野動物園を凌駕するのでは?と思わせてくれる東京都第二の動物園。中央大学の隣の駅にあるだけあって、山を削って作ったような外観。だけあって、移動には一苦労です。まじで。

展示動物に関しては、上野動物園と重複があまりないようにセレクトされているだけあって、普段上野動物園しか行かない人が楽しめる形になっております。また、敷地がとにかく広いこともあり、生態展示的配慮がされている上、よりのびのびとした動物たちの姿を見て楽しむことができる。ぱっと出てくるのは、ユキヒョウ、チーター、サーバル、オランウータン、コアラあたりが目玉かな。あとはトキ科の鳥も充実してたり、猛禽類を大きなバードゲージで見られたり、ライオンのところでプチサファリツアーが出来たりと、広さを活かしたものも多い。

www.tokyo-zoo.net

とにかく疲れますが、充実感を楽しめると思います。

最寄りは多摩都市モノレール多摩動物公園駅と、京王動物園線多摩動物公園駅

f:id:sasoridan:20170215220841j:plain

 

5.井の頭自然文化園

井の頭公園内に位置する、上2つに比べてやや小規模の動物園。2つに分かれていて、北側にあるのが動物園、井の頭公園側にあるのが淡水魚と鳥類がいる水生物園。

最近インドゾウのハナコが亡くなったことで、大型の動物はほとんどいない。目立つところはカモシカとか、ヤマネコとか。リスの小径では超近距離からリスを観察できます。

www.tokyo-zoo.net

水生物園だとツルがメインなのかな?東京の淡水生物なんかもみられて、なかなか面白いですよ。

京王線・JR線吉祥寺駅が最寄り。

上記したように、ここまでの三園は重複がいないようになっています。

 

6.ズーラシア

こちらは横浜市の動物園。ここもとにかく敷地がでかい!ので、展示種数と飼育舎の面積を両立することに成功しております。また比較的新しいので、生態展示への配慮が行き届いているのもよい。

ここもとにかく広いので、出ることには疲労困憊ですwそのあたりは観察の楽しさとトレードオフです。諦めましょう。

オランウータンとか、ウンピョウとか、オセロットとか、オカピとか、スマトラトラ。バードゲージに入って鳥を近くで観察することも出来ます。オウギバトとかね。

f:id:sasoridan:20170215221614j:plain

これくらい近づくことが出来ます。この写真ズーム使ってないですよ。生態展示の辛いところは動物が探しにくいところですが、ここは場所を増やすことで探しやすくしている印象。私個人の感想ですが、いきなりゾウの方向に向かうより、サバンナの方向を目指したほうがいいのではないかな?という気もします。気もしますが、サバンナエリアと他のエリアは離れすぎているので、素直に順路どおりに進んだほうがよいのでしょう。かなり広いので、早目の時間に行くことをおすすめします。アクセスも結構悪いので、計画的に。

www.hama-midorinokyokai.or.jp

最寄りは相鉄線鶴ヶ峰駅相鉄線三ツ境駅JR横浜線横浜市営地下鉄中山駅。各駅から「よこはま動物園行き」のバスで約15分。

f:id:sasoridan:20170208231947j:plain

ウンピョウ。繁殖に成功したそうで。

 

7.東武動物公園

埼玉にある、動物園と遊園地が融合した「ハイブリッドレジャーランド」。入園して地図を見ると、あまりに遊園地の占める割合が多いので、「動物園はショボいのでは?」と錯覚してしまうが、敷地が広いだけで、動物園エリアも十分広いのでご安心を。

www.tobuzoo.com

多分ここのウリは珍しいホワイトタイガー。繁殖に成功しているので、虎子も見られます。チーターやライオンもいて、大型のネコ科の充実が見られます。また、アフリカゾウなんかもいて、これが壮絶な臭さなのですが、あまりアフリカゾウっていない(インドゾウが多い)ので、一見の価値あり。ヒクイドリなんかも印象に残るかな。

ついでに遊園地もあるのですが、B級感漂いながらも地味に楽しめるアトラクションがあるので、結構オススメ。せっかくだからいくつか乗ってみたらいかが?

東武東武動物公園駅から徒歩。

 

8.江戸川区自然動物園

東京都は江戸川区、西葛西にある小規模動物園。なんと入場無料。

その割には結構な種類の動物がいて、近くに住んでいたら毎週末通ってしまいそう。フンボルトペンギンやクモザル、プレーリードッグオタリアレッサーパンダなどなどが出迎えてくれます。水族館がミニマム化してしまうと、水槽館と化すきらいがあるのですが、ここは正面から動物園として勝負している。行く手間のほうが大変ですが、せっかくけものフレンズの聖地となっているいま訪れてみるのはいかがでしょうか。

edogawa-kankyozaidan.jp

東西線西葛西駅が最寄り。バスもありますが、充分歩ける距離です。

 

9.他

私は未訪問ですが、東京から行ける範囲だと千葉市動物公園野毛山動物園が気になるところです。