見下す蠍の徒然

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

動物園好きから見たけものフレンズ6―蹴鞠の登場―(けものフレンズ6話)【2017冬アニメ感想】

巷ではサッカー言われてるけど、蹴鞠でしょ。城に住んでるし、サッカーとかまだないよ。百歩譲って野球だね。棒持ってたし。

 

というわけで今回のけものフレンズですが、2話以来の動物大登場の回でしたね。平原が舞台というだけあって、平原(どこの?)に住んでいそうな動物大集合……か?平原におよそいなさそうな動物もいた気がしますが……あそうそう、唐突に城が出てくるところとかすごく動物園っぽくてよかったと思います。ありますよね?ああいう謎の建物。

正直この記事の方向性にも悩んでいたりします。動物の生態について詳細に調べるか、それはアニメにおまかせするとして、動物園について語るか。どっちも中途半端になりそうなのと、そもそも動物園にいないものをどうするかが悩みの種です。

 

1.ライオンさんチーム

ライオンさんチームからまず出てきたのはこの二人。

f:id:sasoridan:20170219221511p:plain

オーロックスとアラビアオリックスだ!こっちではきちんと「クジラ偶蹄目」になっているぞ!Blu-rayでは過去の分も修正が入っているといいですね。

オーロックスですが、もう絶滅しているので世界中どこの動物園にもいないはず。tおいうか1627年に絶滅しているので、見たことがある人はいない……サンジェルマン伯爵でもない限りね。が、子孫に当たる家畜の牛から特徴に近いものをかけ合わせて”オーロックスのようなもの”を作り出し、その子孫は現存しているそうです。そうですが、それは果たしてオーロックスなの?そう、オーロックスというのは今我々が牛乳を飲んだり肉を食べているウシの祖先なんですね。ビクーニャとアルパカみたいなものです。

その辺の話はここに詳しい。

karapaia.com

オーロックスですが、かの有名なラスコーの壁画に描かれていたそうです。そろそろ終わりますが、上野の国立科学博物館において、

www.kahaku.go.jp

行われていました(ちょうど今日まで!)。ここにもオーロックスの壁画があったはず。あったはずですが、Wikipediaに載っているのはなかったような気がします。tおいうか絶滅した理由の半分くらいはクロマニョン人なのでは?

 

アラビアオリックスはなんと金沢動物園にいるそうですが、行ったことがないので……金沢と行っても石川県の金沢市ではなく、横浜市の金沢。金沢八景の金沢ですね、今度行ってみます。ちなみにこいつも一時は飼育されているもの以外絶滅、繁殖に成功したものが戻されたという、半分絶滅したようなやつです。つまり絶滅コンビ。ちなみにアラビアオリックスは砂漠に棲息していたので、扱いとしてはスナネコと同じときに出ていてもおかしくなかったはず。

ちなみに野球の方のオリックスは”Orix”で、動物の方は”Oryx”です。

ということで、代わりに多摩動物園シロオリックスを。

f:id:sasoridan:20170219223827j:plain

実は彼らも絶滅し、同様の経緯で自然界に再導入されております。ツノが悪いよツノが

ちなみに多摩動物公園のサバンナエリアは入り口から右手にあるのですが、先に回らないと体力が尽きてとんでもないことになります。サーバルも同じ。

 

f:id:sasoridan:20170219224136p:plain

お次は百獣の王、ライオン。彼らも附属書Ⅰなので、割りと絶滅の危機に瀕している動物であります。が、その人気故に大概の動物園にいるので、ポピュラーな存在だったり。他だと上野動物園とかズーラシアとか?ズーラシアはインドライオンも普通のライオンも両方いますが、生息地域の都合上、ぜんぜん違うエリアに居るのでご注意。ちなみにライオンはオスメス両方共いつも見れますが、インドライオンの方は交互に展示されるみたいです。

それにしても、彼らはサバンナ出身じゃないかな?あと、フレンズ化するとみんな女体化するんですね。メスならたてがみはないはずでしょ?ちなみにインドライオンというのもいますが、彼らはインドの森のなかに住んでおります。

f:id:sasoridan:20170219224603p:plain

熱い東武動物公園の酷使。なんかバックで作業音が聞こえてましたけど、どこで電話を取っているのでしょう?

f:id:sasoridan:20170219224948j:plain

同じ場所ということがわかるでしょうか?さすがにライオンは撮ってました。ちなみにオスライオンが寝ている岩の下はガラス窓になってまして、下からライオンたちの整体を覗くことができるようになっています。どうもライオンは遠巻きに見るところが多い気がするので、いい設備なんじゃないかと思います。

(2017年3月20日)どうせなら全く同じアングルで。

f:id:sasoridan:20170321001218j:plain

そうそう、ライオンというのはネコ科の動物の中で珍しく群れを形成する動物らしく、そういえば今作中で出てきたネコ科ーサーバル、オセロットジャガー、スナネコーは単独での登場だったのに対し、ライオンは最初から他の動物と組んでの登場。地味にしっかり考えられて作られてますね。

 

ニホンツキノワグマ。カメレオンが隠れたのに「すっごいーい!」と言っていたのが印象的でした……

f:id:sasoridan:20170220000302p:plain

 左右にウロウロしてましたが、クマって大概あんな動きをしているイメージ(それを言うと動物園の大抵の動物は左右に所在なさげにウロウロしているか、寝ているかなんですが)なので、結構リアリティがあってよかったんじゃないですか。まあいま動物園に行っても結構冬眠してるんで見られないことも多いんじゃないかと思います。関東近郊ですぐ思いつくのは上野動物園ズーラシアですが、そもそも日本の動物ですし、どこでも見られるんじゃないかと思います。なんなら本州か四国で山ごもりしてればそのうち会えるんじゃないですか。ツキノワグマならいいですが、ヒグマだと死にます。なので北海道はNG。

f:id:sasoridan:20170221223536j:plain

この写真にしろスクショにしろ、ツキノワグマツキノワグマ足る腹部の模様を出せてなくて腹が立ちます……これは上野動物園の東園、ジャイアントパンダから奥に行って、猛禽類の方に行かずに真っすぐ行った辺り。手前からマレーグマ、ツキノワグマ、ヒグマ、ホッキョクグマとクマが並んでいるのでクマ尽くしを楽しめるのではないでしょうか。難点は安全対策のためなのかなんなのか、異様に見づらいことですか。基本的に上から見下ろす形です。ホッキョクグマなんかはサービスで水中の窓のところまで飛び込んできてくれたりします。ツキノワグマですが、3年くらい前までは兄弟で仲睦まじく遊んでいるところが見られたりしましたが今はどうなんでしょうか?私がこの間行ったときは一匹しかいなかった気がします。

ちなみに一番見てくれが面白いのは圧倒的にマレーグマです。画像検索するなり現地で見学するなりで、是非見てみることをおすすめします。

ちなみに同じクマを見るにしてもクマ牧場は大嫌いです。本当に嫌悪感を覚える施設なので、何度でもいいます。

 

・ヘラジカさんチーム

f:id:sasoridan:20170219234352p:plain

オオというだけあって、最大で体長100cmほどと言うから結構でかい。ちなみに彼ら被甲目はアルマジロ科のみが現生しています。ゾウしかいない長鼻目と似たような話ですね。で、私はオオアルマジロというのは多分みたことがないので、代わりに

f:id:sasoridan:20170219235351j:plain

上野動物園のマタコミツユビアルマジロ。西館の小生物館にいますね。ミーアキャットの奥。ちょろちょろずっと右に左に動き続けています。こいつは体長30cm行かないので、オオアルマジロの三分の一くらい。

ちなみにオオアルマジロは穴を掘る修正があるらしく、防御力の高さだけではなく、その辺りも描写したらもっと面白かったかもしれませんね。

後違う種類のアルマジロがサンシャイン水族館にいたと思いますが、今は工事中なので見られません。

 

で、ヘラジカなんですが、

f:id:sasoridan:20170219235911p:plain

ちょうど出てきた夢見ヶ崎動物公園にいたのですが

f:id:sasoridan:20170219235955p:plain

最後の個体が近年亡くなってしまったとのことで、現在日本では見られません。海外にでも行くしかありません。そうすると、うだおにいさんの話は結構昔に聞いたのか、回想なのか、どっち?

ちなみにヘラジカは体長が3メートル、肩の高さが250cmにもなるということで、相当でかいですね。何馬力出るんでしょう?

それにしてももう少し角は大きくてもいいんじゃないかな?

あそうそう、そういう絶滅動物の実物がみたくて、かつ動いてなくてもいいのであれば、上野の国立科学博物館地球館4階にあるヨシモトコレクションに行くのも手ですね。

ヨシモトコレクション >> 標本・資料データベース :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

ヘラジカもいますよ。

 

f:id:sasoridan:20170220000249p:plain

カメレオンも写っているけど別枠で、アフリカタテガミヤマアラシとシロサイ。

ヤマアラシなら大概の動物園にいますが、アフリカタテガミヤマアラシとなると限られてきて、しかし東武動物公園というメジャーなところにいたので、写真もあります。しかしヤマアラシってのは観覧する上で難儀な動物で、トゲがモサモサしすぎて顔とかが見えないんですね。

f:id:sasoridan:20170221225152j:plain

まあ下手くそな写真の言い訳なんですが、齧歯目ですので、ネズミと言うか、カピバラによく似た顔面をしています。最大の特徴はこのトゲということで、なんかズーラシアに違う種類だけどヤマアラシのトゲを触れる(抜けたやつです)ところがあったんで触りましたが、これがなかなか固くてびっくり。刺さって痛いというより、集まることで防御力が上がりそう、そんな感じでした。だいたい寝ているけど(夜行性なので)動くときはウロウロ動き回って可愛らしいですよ。ネズミの仲間だけど。

 

サイならまあ結構みますし、おなじみな動物なんですが(絶滅しそうな割には)、シロサイだとどうでしょうか。上野動物園……にいるのはクロサイ多摩動物公園にいるのはインドサイらしいので……ミナミシロサイ東武動物公園辺りにいます。あとすこし遠いけど静岡県静岡市清水区にある日本平動物園にもいます。しかしどっちも行ってるのに写真がないぞ?どういうことなの……いやほんとにサイなんてとりあえずでも写真を取らないはずがないので、なんでないのか謎なんですが、とりあえず行ったときには展示中止だった、ということで自分は納得させておきますが……

(2017年3月20日)というわけでミナミシロサイの写真。

f:id:sasoridan:20170321001358j:plain

ウマ目ってのは言い換えれば奇蹄目ということです。ヒヅメの数。

 

 

f:id:sasoridan:20170220000254p:plain

さて上野動物園西園のスーパースターことハシビロコウさんです。ハシビロコウのハシはクチバシのハシ、ビロは広、コウはコウノトリから来ています。ちなみに三話御登場のトキと同様、コウノトリ目からペリカン目への移籍組でして、かつてはコウノトリ目だったので、ハシビロ「コウ」だったわけですね。今発見されたらハシビロカンとかだったんですかね、知らんけど。

f:id:sasoridan:20170221232111j:plain

それにしてもこのアニメの中でも、ハシビロコウの擬人化だけやけに凝ってないですか?ご丁寧に嘴まで髪の毛で再現されてるし、目つきなんて本当にそっくりだし。ちなみに上野動物園ハシビロコウは普通動かないことで有名なハシビロコウにしてはよく動くことで有名(羽ばたいたり。まあ普通の鳥よりは遥かに動かないんですが)です。確かによく暴れている(本当にそう見えるんです)のをよくみます。ちなみに主食がハイギョというレア物ですが、確かにハシビロコウのゲージから見える両生類館にはハイギョはいるぞ!まあいるだけです。

ちなみにハシビロコウくんがカバンちゃんをヒトだと気づいたのは、ハシビロコウの寿命が長いからだという説が有力だそうですが、それをいうと同時登場のシロサイなんてもっと長いので、あまり正確だとは……

f:id:sasoridan:20170221232657j:plain

後ろ姿。

 

f:id:sasoridan:20170220000304p:plain

 パンサーカメレオンくんですが、もちろんあのようにキレイにドロン!とはなりません。で、カメレオンなら比較的どこにでもいる(エボシカメレオン上野動物園の両生類館にいたりだとか)パンサーカメレオンはあまり思い当たらず。ちなみにパンサーっていうとガルパンファンならわかるとおもいますが、ドイツ語で言うところのパンター、要するにヒョウですね。

鳥羽水族館にいるそうなんですが、写真はなかった。昔は上野動物園にいたそうなので、多分どこかで写真を撮っているかと思われますが、たびたび言明しているように、写真がない。見つけたら追加しますが……まあ普通にペットショップにいるそうなんで、ふらっと入ってみたらいかがでしょうか?

(4月14日追記。日曜日にエプソン品川アクアスタジアムに行ったら普通にいました。)

f:id:sasoridan:20170414025347j:plain

 地域によって色が変わるそうです。このカメレオンがどこ出身かはわかりませんでしたけど、下で泳いでいる魚達はコンゴ出身です。

 

はい、動物紹介終わり。もうこれで約5000文字、アニメの感想を書く気力など残っていません。ニホンツキノワグマの「すっごーい!」とか、ライオンの変貌ぶりとか、2話くらいの雰囲気が戻ってきた感じがします。それと、今回2話並みに動物が出てきたのにもかかわらず、全ての動物に見せ場を与えられていたのも注目に値するポイントかと。なんかどんどんアニメとしての出来が良くなってきている気がします。それでいてサーバルキャットの跳躍力とか忘れられていた設定を引っ張ってきたり、従来からのいいところであった動物の特徴を上手く使ったりと、どんどんレベルの上昇が見受けられてなんかうれしいです。語録を使うのは結構ですが、普通にアニメとしても面白いと思えるようになっているので、今日放映の7話も楽しみです。フクロウなら多分写真いっぱいあると思うし……

 

7話~感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

 

 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

 

1~5話感想 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

番外 

look-down-scorpion.hatenablog.com