見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

Amorphis - Queen of Time(2018)

あーこれは今年のベストアルバム決定ですね。4曲目を聞いた瞬間確信しました。逆に言うとこれを上回るアルバムがあったと言うことは今年は素晴らしいメタルイヤーということです。ラウドパークは開催されないけどな

 

や、先に言っておくと路線自体はEclipse以降の一貫して変わらない路線なので、焦点はもう曲のクオリティ、ただ一つな訳ですよ。正直彼らのアルバムは全部素晴らしいのでこの段階でこれがベストと断言して良いのかわかりませんが、現状僕のマイベストであるところのSilent Watersに匹敵するのではないかと言う予感がします。

 

さっきどれも同じ路線とは書きましたがその中でも色々あるわけで、今作はアグレッションに力を入れている、そんな印象ですかね。デスボイスがより強調されている印象を受けます。

またそれとは逆の軸なのですが、オーケストレーションが強化されてるようにも感じます。と言うのも、何回も聞く中で「Amorphisって案外オーケストラとの共演行けるんじゃ?」と思うことがあったのです。過去の曲でも合いそうな曲あると思うんですけどね……

 

1曲目のそのタイトルも”The Bee”という曲名。最終曲のタイトルが”Honeyflow”ということを考えると、アルバムタイトルの”Queen”っていうのは女王蜂のことなのかな、と思いますが、この曲、タイトルとは裏腹にヘビーな、デスボイスが目立つ曲です。それに引き続く2曲目”Message in the Amber”も結構デスボイスが目立つ曲ですが、結構動静の切り替えが激しいプログレッシブな曲だったりします。Aメロのノーマルボイスとサビまでのデスボイスの対比が格好よく、女声コーラスやバッキングの付け方が上手い壮大なイメージの曲です。

 

そして何よりも4曲目”The Golden Elk”ですよ。イントロからして最高で、サビメロもグッとくるメロディで、歌に入る前にアルバムElegyを彷彿とさせるを思わせるアラビアンなリフが入るんですがこれがまたいい。派手なGソロはないんですが、オケ〜アコギの流れも良いんです。ちなみにElkとはヘラジカのことです。

 

6曲目”Heart of the Giant”もイントロからオーケストレーションが入りますが、今回オケの使い方うまいなと感じますね。ただ壮大な感じのバッキングとサビの吐き捨て系デスボイスがあんまあってないのがもったいない。

 

 

佳曲が続きますが、最終曲”Honeyflow”はイントロ印象的、サビよしのいい曲で締めになるのでいいイメージで終わります。

 

普通にGソロに入る曲がほとんどなく、一筋縄ではいかない印象が強いアルバムですが、メロディの充実とアレンジの妙が半端なく、聴き応えがあるアルバムとなっております。所々でデスボイスが増量されており、アグレッションが強調されているのもとても好印象な、今年きっての傑作であることは間違いなさそうです。

 

★★★★★