見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

IF YOU WANT TO FIGHT, BE STRONG!!

2019年7月〜で買った新譜

尋常ではないペースだ。発売が上半期でも買ったのが7月以降ならこっち。評価は追い追い。

 

1.De Rerum Natura / Moonlight Haze

女性ボーカルをあまり聞かない僕にも聞かせるクオリティがあるのは確かだが、曲があまり印象に残らない。

★★★

 

2.Prokpton / Aephaenemer

とてもいいメロデスなのでみんなで買って聞きましょう。大絶賛のレビュー、そのうち書きます。

なんでこれが日本盤なし、マイナーレーベルからの発売なの?って思ってたらNapalm Recordsと契約してた。そらそうだわな。そのうち日本盤出るんでないかな。これもユニオンメタル館(新宿も御茶ノ水も)で激推しされてましたが、それにふさわしいアルバム!!

ちなみに女性ボーカルだけどあんま気にならないよ。

基本的には極めてスタンダードなメロデスで、特筆すべき音楽的特徴としてはオーケストレーションがすごく良くできてるくらいなんだけど、曲が圧倒的によくできてます。

★★★★★

 

3.The Coffin Train / Diamond Head

スタイル自体は不変だが、野暮ったさがなくなり、なによりも曲がいい。おススメ。

★★★★☆

 

4. The Great War / Sabaton

キラーチューンでは前作に負けるが、こっちのが落とし所とライブでのシンガロングポイントがはっきりしてるかな。あとバカことトミー・ヨハンソン加入効果か、ソロが充実。

★★★★☆

 

5.Asian Chaos / GYZE

Best Tune : Asian Chaos

★★★★

 

6. Tales From Yggdrasill / Havamal

典型的なヴァイキング風味のメロデスだが、クオリティは高い。まあEnsiferumを聴くかなあ…って感じではありますが。

Best Tune : Havamal

 ★★★☆

 

7.Welcome  To Paradice / Northtale

最初はつまらんメロスピかと思ったけど全然そんなことなかった。メロディが良すぎる。こりゃトワフォにも圧勝だな、そう思っていた時期が私にもありました(Twilight Forceに続く

★★★★★

 

8.Marko Hietala / Mustan Sydamen Rovio

NightwishやTarotを期待すると大違いだが、多分脱デスメタルしてたころのAmorphisとかが近いんじゃないかな、と思う。やっぱり歌がうまい。Nightwishは勿体無いなあ

★★★★

 

9.Burn the Night / Riot City

 

 

10.Dominion / Hammerfall

 ライブも素晴らしかった彼らの新作。盛り上がるポイントを徹底的に抑えた曲作りはお見事の一言。ソロの後「ウォーウォー」いうんだろ、ってのが多いのは玉に瑕ですが…

 Best Tune : And Yet You Smile

 ★★★★

 

11.In Another Time / Tanith

 B!誌ではWishbone Ashと比較されていましたが、Gunの方が近いかも。本物のヴィンテージ感が溢れる傑作。素晴らしい。

★★★★★

 

12.Twilight Force / Dawn of the Dragonstar

(Northtaleから続く)トワフォには勝てなかったよ...どの曲が特にいい曲がわからないと思ってたら全曲キラーでござるの巻。劇推し!!

★★★★★

 

13.The Verdict / Queensryche

現在のボーカルに代わってからどんどん良くなっているのでしょう…が、当然全盛期には及ばないというのが悩みどころで、新たな魅力を創出しないとつらいのでは。

★★★☆

 

14.The Eighth Mountain / Rhapsody of Fire

思った以上によかった。Power of The Dragonflameまではいかなくとも、Dawn of Victoryくらいの水準にはあるのでは?シンフォニックにする技術については追随を許さないものがあるから、曲さえ復活すれば鬼に金棒だね。

★★★★☆

 

15. Revelation / Michael Shenker Fest