見下す蠍の徒然

見下す蠍の徒然

メタル関係の記事はhttp://blog.livedoor.jp/look_down_scorpion/に移転しました。

アニソンの2010年代ディケイドベスト

ヘヴィメタル系のブログだと2010〜2019年のディケイドベストってよく見るんですけど、アニソンだとあまり聞かないなあ、ということでやってみました。10や20じゃ無理だし、100だと微妙なのも入ってきそうなので50。こうやってみると色んなアニメがあったなあ、と思うと同時にデレマスとラブライブにめっちゃハマってたんだな、と思います。他のゲームソングとか声優がないのが、正直2010年代の自分の嗜好をよく表してるなあと思います。

アニメにめっちゃハマったし曲も好きだし、というのが多いですが、アニメはそうでもないけど曲は好き、というのもあったりして面白い。ただ、2020年になってShow By Rock!!にハマったので、その曲は入ってません!あくまでも2010年代にハマった2010年代の曲になりますね。

トップ10のあと、50曲を紹介する形、曲の話をしてんのかアニメの話をしてるのかわからないコメントばっかりで笑えた。普通に1万字超えてて草。

 

■まずはトップ10

1位 心のメモリア(刀使ノ巫女)

2位 進化系colors(刀使ノ巫女)

3位 Heavenly Lover(この中に1人、妹がいる!)

4位 夏色えがおで1,2jump!(ラブライブ!)

5位 Fly Away(ストライクウィッチーズOVA)

6位 Fly Beyond(ストライクウィッチーズOVA)

7位 約束の空〜君のいた場所へ〜(劇場版ストライクウィッチーズ)

8位 となりどうし。(この中に1人、妹がいる!)

9位 微熱からMystery(ラブライブ!)

10位 ミツボシ☆☆★(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

 

中妹のエンディングとかこういうところに選ぶ人、自分しかいないんじゃないのかなあ...

普通にアンケートとか取ったら、ガルパンとかごちうさあたりは入るかもしれないけど、他はほとんど入らなさそう。アイマスとかラブライブも少しズレてる自覚はアリ。それにしてもデレステやサンシャインが入らないのは、僕がハマってたのがソシャゲ版のモバマスだとか無印のμ'sだったりするからですね。

 

■そして年別に50曲

2010年

できるかなって☆☆☆

ゆの、宮子、ヒロ、沙英 - ひだまりスケッチ×☆☆☆

10年代に放送されたひだまりスケッチはこれともう一つ。もう無理なんでしょうね...ストーリーでは既に一年生組も出てきていたが、主題歌は4人だった。まあ3年生の卒業というところで一区切りはついてるかなあ。原作もいっこうにでないし、うめ先生もメインは微熱空間に置いているのでしょう(これがかなり面白い。)。と思ったら今月末10巻が出るぞ!


■Over Sky(Type-12)

 宮藤芳佳坂本美緒、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ、ペリーヌ・クロステルマン、リネット・ビショップ、エーリカ・ハルトマン、ゲルトルート・バルクホルンフランチェスカ・ルッキーニ、シャーロット・E・イェーガー、サーニャ・V・リトヴャク、エイラ・イルマタル・ユーティライネン ‐ ストライクウィッチーズ2

全員バージョンが好き。これは完全に後追いなんだよねえ...なんでリアタイで見てなかったんだろ?周りに見てる人はいたのに...

野暮ったい、いかにもアニソンな1期EDよりも、よりクールなこっちの方が好きです。「sweet duet」入れたかったのですが、あれの初出は1期の秘め歌なので、ディケイド違いなのでした!残念!


2011年

Heaven is a Place on Earth

fripside - 劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

fripsideだとレールガンよりこっちが好きだった。映画自体はともかく、曲は最高。しかし、fripsideのボーカルは元々違う人だったことを覚えている人は今どれくらいいるのか...

ねぎマの方も映画ははっきり言ってぷーだったのですが、それをきっかけにどハマりし、ルーナさんにベタ惚れしたのはここだけの話。ちなみにハヤテだと伊澄さんが好きでした。


夏色えがおで1,2,Jump!

μ's - ラブライブ!

これをニコ動で聞いたのがラブライブにハマったきっかけだった。アニメ1期と2期の間。にこ推しってわけでもないけど、これが結局一番好きです。ギターソロがいいのよねえ...

これを初めて聞いたのはアニメ1期後でしたが、そこからどハマりし、1年くらいスクフェスで2枚取りしてた。オタク仲間みんなやってたのよねえ。


2012年

もぎゅっと“love”で接近中!

μ's- ラブライブ!

この辺りの時期のシングルが一番いいなあ、と思います。雰囲気はすごいことりっぽいのにセンターは穂乃果なんだよね。PVもよく出来てる。

スクフェスの譜面が(当時としては)難しかった。メタル野郎なので速い曲はリズム取れるんですが、これくらいのリズムの曲が一番やりにくかった。


■Choose me♡ダーリン

Stylips - この中に1人、妹がいる!

ラノベも全部読んでたし、アニメも楽しみにしてた。出来はともかく、曲はかなり良かった。Stylipsっていい曲いっぱいあったけど、あんま成功しませんでしたね。歌詞もストーリーにマッチしてて、優柔不断野郎の主人公に対するヒロインの気持ちがよくあらわれてたと思ってます。


■Heavenly Lover

鶴眞心乃枝、神凪雅、国立凛香、天導愛菜、嵯峨良芽依 - この中に1人、妹がいる!

このエンディングがかなり好き。あまりパート分けとかもない単純な曲なんだけど、ただただメロディが良いんですよね。

どうせならキャラソンにEDの個人verをいれておいてほしかったですね。


■となりどうし。

神凪雅  - この中に1人、妹がいる!

佐倉綾音のベストキャラはこの子だと未だに信じてます。そんな彼女のツンデレな心情を、1人掛け合いをうまく活用して表現した一曲。

あまり構築されたプロットは感じなかった作品ですが、雅ちゃんが実の妹(もうネタバレしてもいいよね?)とは思いませんでした。アニメじゃそこまでいかなかったけどね。


■Happy Bellが聞きたくて

国立凛香 - この中に1人、妹がいる!

これも良かった。こちらはお嬢ツンデレ竹達彩奈ツンデレ声優。出世作あずにゃんだしね。同じツンデレでも、凛香ちゃんはお嬢なので、キャラソンもホーン風のアレンジを施した豪華なものです。どうせなら生オケでもいれればよかったのに(無理

この作品、よく考えるとキャラデザ極振りだなあ...イラストレーターのCUTEG氏は韓国人で、そりゃあれだけアニメの作画出してれば出てくるよなあ、と思った記憶があります。最近だと「政宗くんのリベンジ」のTivさんとか、台湾でも「三角の距離は限りなくゼロ」のHinten氏とか、国外からもすごいイラストレーターがガンガン出てきて面白い時代だなあと思うことしきりです。

 

■君にまつわるミステリー

千反田える伊原摩耶花 - 氷菓

オープニングよりこっちだなあ。そろそろ二期...は難しそうだねえ...。2番でえるたそ(佐藤聡美)が主、摩耶花(茅野愛衣)が副の掛け合いがあるんですが、そこでの茅野さんの歌がとても好きです。

原作はまだまだ続いており、いつオチがつくのか全く読めませんが、続きをジリジリと待っている状態。


■SquarePanicSerenade

高鴨穏乃、新子憧、松実玄、松実宥、鷺森灼  - 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

阿知賀編はリアタイで視聴してました。一番咲にハマってた頃かも。リズミカルでいい曲。下手なセリフとかなくて良かった。

そういえば咲が今どうなってるか全く追ってないな、ということを実感しました。そろそろ買って読んでないコミックスを読み進めるかあ...

 

■Futuristic Player

橋本みゆき - 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

ストーリーが佳境に入ってからのエンディングだったはず。最近橋本みゆきって聞かないなあ...曲名からわかるように千里山高校の園城寺怜をフィーチャーした曲。ネット配信版の曲がStylipsだったことを含め、千里山の存在感が凄かったんですよね。

それにしても、いかに能力マージャンのこの漫画でも、1巡先を見られるのは流石にやりすぎじゃない?しかもよくよく考えるとそのチート使うやつがいても10万近く稼いでる照、やべーな。


■あんずのうた

双葉杏 - THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

結局ソロ曲で一番売れたのはこれなのかな?替え玉大作戦は蘭子ソロのカバーでも受け継がれます。電波曲、最後の花火だと思う。昼行灯みたいに傾いていったアニメ化以降のキャラはあまり好きではない。ハロウィンの、出たがらないあまりに吊るされて無理やりステージに出さされてたその頃のキャラ付けが好きでした。

気付いたら杏が本家のプレイアブルキャラまで出世してて草が生えますね。

どうでもいいけど、ゲーム版のタイトル表記はアルファベット、アニメ版はカタカナとこの記事では区別してます。

 

■約束の空へ〜私のいた場所〜

石田燿子&第501統合戦闘航空団with服部静夏 ‐ ストライクウィッチーズ劇場版

石田燿子さんの歌う1番もいいですが、501部隊が加わってのサビからボーカルを分け合う2番への流れが最高。ビッグなコーラスが良いんですよね。それと、空の広さを感じさせるイントロがよく、オケ版とかあったらすごいフィットすると思う。石田さん/501のそれぞれでフルコーラスを2曲作るのではなく、合わせちゃうというアイデアもよし。

そろそろ501の時計を進めて欲しい。ヴェネチア解放から劇場版までのストーリーだけが埋まっているので...

 

■ススメススメ

 フェルナンディア・マルヴェッツィ ‐ ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション2

ファル隊長っぽい前向きな曲。ロマーニャ人(イタリア人)なんだから映画部分はイタリア語にすれば良いのになとは思いますが...実は彼女が森永理科のキャラで一番好き。

そろそろフェル隊長のフィギュア欲しい...欲しくない?

劇場版の秘め歌もいい曲が揃ってるのでオススメ。どうせなら赤ズボン隊全員の曲出せよ!と思っていたら、なんと6年後に実現することに...

 

2013年

■ミツボシ☆☆★

本田未央 - THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

初期のコミカライズに「アイドルマスターシンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」にというのがあり、岡崎泰葉ちゃんが師匠ポジで登場しているという泰葉Pにとっては聖典のような漫画なんですが、それで重要な役割を果たしていたのがこの曲。アニメ3話以降名誉回復がされていないちゃんみおですが、この曲は本当に良かった。ニュージェネの3人バージョンを期待していたんですが...「輝く世界の魔法」のニュージェネレーションバージョンが3人の初楽曲です。

 

■TSU・BA・SA

Stylips - 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

テレビ放送でストーリーが終わらなかったので、ネット放送で放映された準決勝編のエンディング。これを言ってるのは僕だけですが、JAMプロっぽさがある。アニメ映像とすごくマッチしてました。

Stylipsをここまでフィーチャーした時点で、彼女らが声優を務める千里山が前に出てくるのは分かってましたが、ちょっとやり過ぎだったのではないかなあ、と今から考えるとだいぶ政治的なキャスティングだったなあと思ったり思わなかったり。

 

■微熱からミステリー

lily white ~園田海未、星空 凛、東條 希  - ラブライブ!

ラブライブ最強の曲。リリホワの歌謡曲路線はここから。しかしこれ以降の曲があまりに歌謡曲しすぎてるのに対し、この曲はアニソンとしてのバランスをギリギリでキープしている。その上での3人の掛け合いがとても気持ちいい曲。

これ以降の曲はちょっと歌謡曲臭が強すぎるのよねえ。

 

■Cutie Panther

BiBi~絢瀬絵里西木野真姫矢澤にこ - ラブライブ!

こちらも上と同じタイミングで出た曲。「我が儘だと知ってるけれど 私の方が上手なようね/偽りだって疑うよりも私の事信じてみてよ」のところを1番からにこ→真姫→絵里で回すところが大のお気に入り。

そういえば、この三枚のドラマCDは全部ストーリーがリンクしてて面白かったのをよく覚えています。エリチカは既にポンコツだった。

 

■Orange Sapphire

城ヶ崎莉嘉諸星きらり城ヶ崎美嘉本田未央赤城みりあ - THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 001

パッションらしい明るくハイテンポな曲。モバマスのユニット曲は総選挙の上位ユニット曲とお願いシンデレラ!しかなく、とても嬉しかったのをよく覚えています。実はこの前にアンソロジー付属のドラマCDがあって、そこでタイプ別のCDは存在してたのです。でも曲だと本当になくて、発売が超楽しみだったのをよく覚えてます。アイマスでカバーは定番の価格ですが、まずそこから来るか!って感じでした。

クールやキュート、そして後続のシリーズも粒揃い。


2014年

■We’re the friends!

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!  - THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

しぶりんがシンデレラなので彼女がセンター。アイドルの友情を高らかに歌い上げた、アニメ化が目前に迫った一番モバマスの勢いがあった頃の曲。各属性の上位3人がA面、総合の上5人がB面曲を歌うという構成はここからでした。

声優の人選にやや不満はありましたが、アニメを見据えてどんどん声をつけていく時期で、まあちょっとねえという感じはありましたね、たしか。

 

Love Wing Bell

μ's  - ラブライブ!

あ、僕凛推しなので、無条件で好きです。2期5話とか最高じゃないですか?1年生推しなら永遠のバイブルだと思いましたよ。かよちんとまきちゃんが背中押す流れからこの曲が流れるところ、本当に好きでした。まあそれ以外の話は正直今から考えても...ですけどね。

 

■Dancing Stars On  Me

μ's  - ラブライブ!

↑の両A面。曲としてはこっちの方が好き。これからのSomedayの系譜を継ぐ曲。アニメ映像も良い!アニメのストーリー自体は1期も2期も変わらず陳腐(大丈夫!花田大先生の脚本だよ!)なので、どっちが好きかどうかを考えると、好きな曲の数と凛回の有無でこっちになるのでした。

これのセンター、密かに希だった気がしたけどどうだったかな?

 

KiRa-KiRa Sensation!

μ's  - ラブライブ!

全国大会の曲。ストーリーとしてはA-Riseを破ったスノハレの方が重きを置かれていますが、曲としてはこの曲がアニメナンバーワンでは?この曲で優勝してからのアンコールで1期OPが流れる展開は震えましたね。

正直言って、劇場版の出来を考えても、その後の騒動を踏まえても、ここで締めておくのが一番良かったと思えてなりません。まあ劇場版で狂喜乱舞したけどね。当時は今みたいにアニメの劇場版乱発されてなかったし、まだ。

 

■冬がくれた予感

BiBi~絢瀬絵里西木野真姫矢澤にこ

- ラブライブ!

BiBi第三弾。ここからドラマパートがなくなって多少がっかりしたのを覚えています。冬になると聴きたくなる。にこラップが良かった。

上記のとおり、劇場版に向けて最高に盛り上がってた時期の曲でした。とはいえ、他の2ユニットの曲がなんかイマイチだった中、この曲は超健闘していたことは、残しておかなければと思います。

 

■絶対特権主張しますっ!

十時愛梨日野茜高森藍子、星輝子、堀裕子

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 002

よくよく聴くとヤンデレな独占欲が怖いが、パッションの明るさでカバー。ジュエリーズのユニットでも一番声のバランスがいいと思います。

このCDだととときんの「PURE SNOW」も良かった。

このアルバムは本当にアニメ直前だったのですが、ここからアニメのユニット曲、Blu-rayの特典CDとこれまでにないハイペースで新規楽曲が追加されていく様に、逆に戸惑いを覚えていたのでした。

 

■Daydream café

Petit Rabbit's ‐ ご注文はうさぎですか?

あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~

 

■もっと強く、もっと早く

エーリカ・ハルトマン、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ、ゲルトルート・バルクホルンストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.1 サン・トロンの雷鳴

なぜかカールスラント組だけユニット曲が1曲多かった。彼女たちらしい格好よさ、精悍さがよく出ている曲。どうせならアニメでも使えば良かったのでは、と思わないでもないけどね。

このOVAOVAを劇場で見るという文化と、新宿の角川シネマの存在を知りました。いい思い出。

 

■Fly Away

エーリカ・ハルトマン、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ、ゲルトルート・バルクホルンストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.1 サン・トロンの雷鳴

ストライク史上でもトップクラスに好きな曲。ギターソロ後、ワンバースあった後すぐにサビに突入するのでなくワンブレイク入れてからラスサビに突入するところがたまらなく好き。これまでにもこの3人の曲はたくさんあっただけあって、声のユニゾンとかパート分けもバッチリできてるのが勝因の一つだと思います。

そういえば、各話ごとに違うED曲、映像が用意されてのはこのOVAが最初で最後な気がします。今から考えれば、この曲を他の人が歌っているバージョンも聴いてみたいですねえ。

ジェット否定派だったエーリカが、ミーナのピンチを救うためにジェットを…という内容のOVA、これもとても面白かったですが、エーリカは今後はジェットを使うのでしょうか?


2015年

■Fly Beyond

フランチェスカ・ルッキーニ、シャーロット・E・イェーガー - ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.2 エーゲ海の女神

501解散後、アフリカの砂漠で活動していたシャーリー&ルッキーニの曲。哀愁と爽やかさが共存した、砂漠という感じの名曲です。まあ、今回の舞台はエーゲ海なので、砂漠ではないんですけどね。砂漠のキツネことロンメル将軍は出てきましたが、なんか名前が違った。あと「アフリカの魔女」で出てくるロンメルとも違和感を覚えたことをよく覚えています。どうせならパットンとモントゴメリーもそのうち出してほしいですね。アイゼンハワーは実は劇場版で出てきているので…

しかしルッキーニのソロ曲だけないのはなぜ?それにしても、OVAの秘め歌は本当にレベルが高かった。ドラマも面白かったし。

 

piece of youth

Choucho - ガールズ&パンツァー劇場版

単体でも名曲ですが、映画のエンディング映像だとよりグッド!学園艦のピンチを守った達成感が溢れ、タイトルがぴったり来る名曲。

確かこのエンディングは継続の船が帰っていくところから始まるんですが、その映像がこの曲のイントロとベストマッチでしたねえ…

劇場版は死ぬほど見ました。Blu-rayは当然ですが、劇場でも通常上映/立川での極爆上映/4DX全部、何回も見ました。ここから1800円じゃない上映を見る習慣がついたオタク、結構多いんじゃないかなあ…最終章は粘り強く待っていますが、2020年代で終わるのか?

 

■Trancing Pulse

渋谷凛神谷奈緒北条加蓮 - アイドルマスターシンデレラガールズ

待ちに待ったトライアドのユニット曲。個人的にモバマスはここがピークだなあ。超感動した。声優の歌唱力的には凛が一番下手なのが笑える。でも3人の掛け合いがすごくいい!

まあ6弾でなおかれんに声がついた時点でこの曲は必然だったと思うし、この曲に持っていくまでのストーリー展開には色々言いたいこともありますが、ユニット曲なんて夢もまた夢だった頃からやっていたので、感動もひとしおだったのでした。

 

2016年

■明日また会えるよね

宮本フレデリカ一ノ瀬志希櫻井桃華中野有香、五十嵐響子 - THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 003

キュートジュエリーズから。キャラ的には大して好きなアイドルはいないんだけど、キュートらしい歌詞で好きです。

声のついてるアイドル数的にはもう1シリーズ出せそうですが、キャラ人気的にはここが限界なのかな、という感じが強い。もちろん既に軸足がデレステに移っていたので、モバ発のこのシリーズの必要性は薄れていたのでしょうが、シンデレラマスターが出てないとパチモン感がするのはなぜ?

 

アシタノツバサ

石田燿子 - ブレイブウィッチーズ

完全にワールドウィッチーズシリーズのOP担当となっていた石田燿子さん、ブレイブでも続投。今後ともよろしくお願いします。オープニング映像は批判を浴びましたが、好きな曲。最後のサビだけ「大きく羽ばたけ」のところのメロディが違うのがツボ。

ただ、EDのバージョン違いを集めたCD、あれは許さねえ。12バージョンを聞いた後に1分半×12の18分間ひたすら「♪小さな翼は〜」と聞き続けるのはきついよ...あれは狂気。

 

■MY HERO

雁渕ひかり- ブレイブウィッチーズ 秘め歌コレクション Vol.1 雁淵ひかり&雁淵孝美

ここの「HERO」とはおそらく姉の孝美を指しているのでしょうが...ひかりらしい曲で好きです。加隈亜衣さんのひかりはかなりの当たり役だと思います。彼女の能力からして、この後の出番があるかどうか微妙なところですが、チョイ役でもいいのでまた出てきて欲しいですね。

ブレイブの秘め歌もいい曲ばかり。平均点という意味では、ブレイクウィッチーズのCDがかなり高いし、ロスマン先生の曲も90年代J-Rockみたいでいいっす。

 

■EVERMORE

神崎蘭子・二宮飛鳥・前川みく城ヶ崎美嘉一ノ瀬志希THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

5周年記念曲。これ以降モバ単体で出たの曲はないんじゃないかなあ。どうだろ?というわけでもないけど、集大成的な曲だと思います。

選抜されたアイドルに文句がないわけではないですが、多分単なる懐古厨だし、時期のバランスを考えたらこんなもんじゃない?という感じなんでしょうね。

作曲はアニメの2つのOPを作曲したお二人ということで、その意味でも集大成ですね。下手に神前さんとかだと本家とのアレがあるしね。


2017年

Catch the Moment

LiSA - 劇場版ソードアートオンライン-オーディナリースケール

劇場に行ったら周りがほぼ中高生でビビった記憶が鮮烈にあります。あまり彼女の曲を聴いているわけではないですが、ロック調のこの曲はすごい好きだなあ。でも映画の内容と歌詞がマッチしてるかというとそうでもないと思う。

まあ内容自体はそこそこ良くできてて、この辺りから「萌えアニメの劇場版、ファンへのご褒美説」を覆すかのような内容もしっかりしたものが出てくるようになってきた印象があります。多分そんなことは全くなく、観測範囲の問題なんだろうけどね。それにしても、下手に原作のエピソードをそのまま劇場版にするのではなく、書き下ろしエピソードを映像化したところは賞賛に値します。ごちうさ、お前のことだぞ?

 

ようこそジャパリパークへ

どうぶつビスケッツ - けものフレンズ

2話からの後追い。このブログでも記事を書きまくりました。これで動物園に行き始めた人はまだ行っているんだろうか...?ザ・主題歌って感じの曲ですよね。

極論、動物園のゲートで流れててもおかしくないような曲調と歌詞が勝因なのでしょうか。

オオイシマサヨシがリリースした作曲者本人版、中盤のセリフがキモすぎてワロスww

 

■大空ドリーマー

PPP - けものフレンズ

ペパプ、好きだった。やや電波目のアイドルソング。00年代の香り。

アイドルとして駆け出しなところを歌の下手さでカバーするところ、ロックだね。

というか必然性のないアイドル回、00年代前半のアニメという感じがしていいぞ。

 

ハレルヤ☆エッサイム

ガヴリール、ヴィーネ、サターニャ、ラフィエル - ガヴリールドロップアウト

悪魔と天使が反転してんじゃん!の歌詞が面白い。サビがしっちゃかめっちゃかでわけがわかりません。

最初と最後の天使と悪魔が好き勝手に歌ってるところがかなり好き。

アニメも漫画も好き。二期はよ。


2018年

■Save You Save Me

衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見沙耶香、益子薫、古波蔵エレン - 刀使ノ巫女

2018年と2019年はひたすらとじみこを追った2年でした。この10年で一番ハマったアニメ。この1期のオープニングはドライブ感の強い曲。

はい、2010年代で一番どハマりしたアニメはこれでした。1期はある種の変形的貴種流離譚。鎌倉の折神家から全てが始まって、最後も鎌倉の折神家で終わる、というストーリー展開もたまりませんね。とにかく全肯定しかしていないので、多分評価とかしても無駄だな...と何か書くのを諦めてから1年以上経ちます。兎にも角にもオススメのアニメ。

 

■心のメモリア

衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見沙耶香、益子薫、古波蔵エレン - 刀使ノ巫女

第2話のEDで初めてこれ聴いて、ヤバイ!ってなったんですよね。止め絵の映像もすごく好き。特に可奈美が舞衣の作ってるクッキーをつまみ食いしてるところとかね。

その時点でそれなりにハマってたので、新宿のマルイアネックスでやってた催しでたまたまサイン入り番宣ポスターが当たったり、アニメがまだやってるタイミングでソシャゲが始まったりで、どんどん沼にハマっていくのでした...あそこでエポスカードの実物を持ってなくても(当時財布ごと無くしてた)本人確認できればもう一回抽選できる(3000円の買い物ごとに1回、エポスカードを持っている人はさらに1回抽選できたのです)と教えてくれた新宿マルイアネックスのお兄さん、マジでありがとう。

6人の日常というか友情を書いた歌詞で、本編ではまだ見られないところ。

あと、この6人のハモリってすごくいいと思うの。特に薫(松田利冴さん)、舞衣(和氣あず未さん)、姫和(大西沙織さん)の3人がハーモニーに貢献してると思います。

 

■進化系colors

衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見沙耶香、益子薫、古波蔵エレン - 刀使ノ巫女

2クール目オープニング。実は分割2クールだと思ってたので、1話間に挟まるとはいえそのまま続けるとか男気あるなあ、と思ったものです。ボカロ出身の作曲家らしく、それらしきパートがあったり、2サビが飛ばされてたりします(アニメで流れないところ)。

「運命はどうして どうして 私なんてかまうの 未来への容量(キャパシティ)くれたって いいじゃない」という2番の歌詞がたまらなく好き。全体を通じて歌詞が世界観にマッチしてて大好きです。

 

■未来エピローグ

衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見沙耶香、益子薫、古波蔵エレン - 刀使ノ巫女

それで2クール目エンディング。このアニメは全部好き。というか各シングルのカップリングやBlu-ray特典の可奈美/姫和、薫/沙耶香、舞衣/エレンのユニット曲や各キャラソン、キャラソンだと特に舞衣のがお気に入り。親衛隊のキャラソンまで出なかったのは本当に残念...

「心のメモリア」と同系統の曲ですが、こっちの方がやや前向きな希望があるというか、曲面を展開する感じというか...どっちも日常を歌う曲なんですけど。サビメロが本当によくて、心地いい。

Blu-rayも全巻買ったし、とじとものイベントも概ね500〜1000くらいのところにいるし、1000本の指に入るとじみこファンを名乗ってもいいよね?

  

■FANTASTIC LOVERS

アイアンフリル - ゾンビランドサガ

 OPのシングルを聴いてよさに気付きました。というかそもそもどこで使われてるのかわからなかったんですが、1話冒頭の画面内で流れてたんですね...

2話くらいまでは覇権確定だと思い、Blu-rayラソンを確信していましたが、途中からなんか違う感じに。

この曲はなんかモー娘。っぽくて、AKBっぽい次の曲との対比が面白いですね。というかそれが伏線なのか。センターが愛ちゃんなところね。

 

■ゼリーフィッシュ

アイアンフリル - ゾンビランドサガ

こっちはAKB48風の曲。徳井青空がメインボーカルってこともあって、ラブライブっぽくもある。フランシュシュの曲と違って一瞬しか流れないけど、アイドルアニメっぽさがすごく好き。

アイアンフリルのセンターが変わってて、それなりに期間が流れてるってところが見事な伏線でした。曲調が大きく違うところも意識的なんですかね?まあまあ2期も楽しみです。

 

■Memories

こみっくがーるず - こみっくがーるず

個人的にひだまりスケッチ以来(というか今月末に10巻出るらしい。ビックリ)のきららアニメ、こみっくがーるず。かおす先生好きすぎてアニメも4周はしたしマンガも10回くらい読んだ。Blu-rayは...なぜか買ってないけど、アマゾンから消えたら即買うと思う。

曲としては普通のアニソンだけど、アニメが好きなんだから普通にそのオープニングも好きじゃない?2期もやってほしいけど、どうなんですかね?そろそろ企画が動いててもいいはず。るっきーがより輝く(そしてかおすがよりゲスかなら)ので楽しみ!

 

■涙は見せない

こみっくがーるず - こみっくがーるず

こっちはどうも雰囲気がmarbleっぽくて好きなのです。ひだまりファンかならなんとなくわかるはず?

みんなかおす先生のことが好きなんだな、ということがよく伝わってくる歌詞でどうも好きです。

るっきーと小夢がとじともコンビとか言ってはいけません

 

■Speciale Pantaloni!

フェルナンディア・マルヴェッツィ、ルチアナ・マッツェイ、マルチナ・クレスピ - ワールドウィッチーズシリーズ10周年記念 秘め歌コレクション特別版
Vol.1 ロマーニャ

上の方に書いた通り、待ちに待った赤ズボン隊のユニット曲ですよ。タイトルはそのまま「赤ズボン隊」。元気いっぱいで、それでいて少ししっとりしているのがいいですね。

今回の秘め歌もいい曲がたくさんありましたが、Guilty Optimistsを黒田那佳がカバーしてたり、カバー曲が面白かった。統一テーマ曲は少し微妙。


2019年

■ハッピー・ハッピー・フレンズ

わたてん☆5 - 私に天使が舞い降りた!

これって百合姫なのよねえ...まあ百合なんだけど、キューンくらいの百合度じゃない?オープニングもエンディングも幼女役だけに歌わせたその采配、ナイスです!誰だジェネリックキララとかいったやつ

エンディングの映像がすごい可愛いので好きでした。

 

 

Show By Rock‼︎ましゅまいれっしゅ!にハマってます

まさかサンリオアニメにここまでハマるとは。最初見たときはほわんの家族がほわん以外みんなプチキャラだったり、婆ちゃんのギャグのところが滑り倒していたりと「何だこりゃ...」って感じでした。そもそも無印の方を見たことなくて、なぜ見始めたかもよく分からないくらいなんですが、1話ラストの"エールアンドレスポンス"がすごいいい曲で、とりあえず継続視聴してみようと。

で、2話以降当然流れるOP&EDもめっちゃ良くて、こりゃ最後まで見ようと。

3話からのどこ指登場とか、4話のデルミンとルフユの喧嘩とか最高かよ...と思ってたら6話のマシマヒメコのデレシーン、尊すぎて失神してた。Blu-ray購入決定。ついでにdアニメストア契約して前の視聴も決定。

 

前作、今回と全然ストーリーというか感じがちがうのな。びっくりした。それはそれでめっちゃ面白かったのでBlu-ray BOX買いました。CD集めの旅にも出る。新品だともうないし。アニメの曲も入れたベスト盤出してくれ。なんでリアタイ視聴してなかったんだろう。

 

で、6話のカラオケでみんなが歌ってる曲ですが、ほわんがクリティクリスタの曲、厨二病のルフユがBUD VIRGIN LOGICを歌うのは想像できるとして、デルミンがプラスマジカってのがなんともかわいらしい。というか僕は多分デルミン推し。でも一番良かったのはヒメコが徒然を歌ってたところ。萌えの最前線かよ...

 

CDとかアプリを含めると相当な沼な気がしますが、どっぷりハマっていきます。

 

アダム・ジョーンズ(Adam Jones)獲得の噂

今朝起きたら「アダム・ジョーンズ オリックス移籍か」のニュースが。

headlines.yahoo.co.jp

ビックリです。3億円だそうです。日本の球団が動いているという話は聞いていましたが、オリックスとは。楽天あたりだと思ってました(ほかのチームは大体外国人補強が終わってるか、高額外国人に手を出さないチーム。)。来年は高額補強する年じゃないと思ってたんで…

活躍できるのでしょうか、してくれないと困りますが、どうでしょうか。軽くセイバーメトリクスから分析してみます。
データはFangraphsのものを用いました。

www.fangraphs.com


1 今期成績

主要な数字を抜き出すと、
137試合 528打席 485打数 .260 13本塁打 57打点 .306(出塁率) .422(長打率) .728(OPS) 5.9%(BB%)、19.1%(K%)

 

2 分析

2011~2017の全盛期は7年連続で25本塁打以上、合計255本の本塁打を打っていた長距離砲だけに、16本というのは物足りない感があり、全盛期は.500を超え、少なくとも.450を超えていた長打率が.422まで下がっていることからも、長打力の低下は否めないところがあります。
一方出塁率は高い年でも.335、多くの年が3割1分台の、このレベルの長打力にしては低い出塁率であり、この点については変化はなく、したがって出塁能力においては変化がないといえます。このことは、BB%はメジャー定着後以降で2番目に高い数字である(どんぐりですが)ことや、K%もそこまで高くないことに照らしても言えます。
高い年でもOPSは.839と、長打率の低下がそのまま低下につながっていると評価できそうです。
また、HR/FB比率が全盛期は15%~あったのが昨年は11.0%と下がっており、これがホームラン数の低下にダイレクトに影響していそうです。

守備については全盛期がセンターだったのが去年はライトに。GG賞受賞経験はありますが、UZRが高いタイプではなく、去年もマイナスと、守備範囲は狭め。

 

3 活躍できるか

してもらわないと困るんですが、もともとフリースインガーだったのがどう働くか、ということで、そこがまず心配なところ。希望を持てる要素としては、大谷翔平の2019年K%は25.9%、BB%は7.8%、K/BBは0.30だ!

近年MLBNPBに移籍した事例として、ゲレーロ(→中日)を検討します。
ゲレーロはK%が24.8%、BB%が3.0%(2015年。2016年は怪我でフル欠場)がそれぞれ19.2%、4.7%。
いずれも数字が改善しており、多くの打者の数字が悪化するMiLB→NPBのケースと異なり、数字は良化する傾向にあるようです。
また長打率も.434→.563と改善しており、「メジャーのパワー」という単語は確かっぽい。

以上を踏まえると、K%、BB%いずれも改善が見込めることから、それなりの数字が見込めるのではないでしょうか。
また長打力についても、去年並みの状態が維持できれば、やはり数字のアップは見込めそうです(希望的観測)

一方守備力についてはそこまで範囲の広い選手ではないので、センターの守備は期待できませんが、刺殺や補殺の数字は高い選手のようなので、ぽっかりと空いているライトをまず守ってもらい、悪影響が出るようならDHという運びになるのでしょうか。ただ、もう一人噂が出ているA・ロドリゲスも守備力が高くないとのことで、そちらの方もDHで使いたいんですよねえ。

 

4 ほか

そもそも来年も引き続き育成年なのになに高額外国人を獲得に行っているんだ、ということも言いたくはなりますが、複数年という噂もありますし、なにより吉田にマークを集中させないということは必須課題だったので、補強としては満点だと思います。まあそもそもロースターの変動が激しくないNPBで育成年もへったくれもないしねえ。

しかしこいつオリンピックに出たそうだけど、4月最終予選で離脱したりとかはないよね?

LINNE LENSという水族館/動物園向けツールが面白いです

端的にいうとAI図鑑だそうで、使い方は簡単で、動物園なら水族館ならで名前を知りたい動物に向けてカメラを向けるだけ。そうするとAIがおそらくDBに登録されている画像と判別し、正解の種名を出してくれるという寸法だと思われます。AIとか機械学習、ディープランニングの定義に詳しいわけではないですが、

markezine.jp

このサイトの説明を参照すれば、おそらく機械学習に該当するものと思われます。詳しいスキームなどは当然わからないので憶測でしかありませんが、いくつかの提携園から学習データの提供を受け、それをもとに機械学習しているのでしょう。

 

話がそれましたが、アプリとしては大変楽しいものだと感じました。これを知ったのはマクセル マリンパーク品川ですが、動物園とは違って水族館の場合、一つの水槽に多くの種が飼育されているということから、①種名や特徴の説明版がそもそもなかったり、詳細な説明がなかったり、一つのモニターで時差表示されたりで、知りたい情報を知れないという課題がありました。また、②同じような形の種が飼育されており、種名表示と目の前の水族を同定することができないという問題もあります。

①の問題については、画像認識がなくとも、水族館側で解説アプリのようなものを用意すればよいですし、そういうものもありました。確か水槽ごとにQRコードを用意し、それを読み込ませるというかたちであったと記憶しています。ただそれでは②の問題は解決できません。このアプリ「LINNE LENS」は、水槽ではなく水族をキーにすることで②の問題を解決できているところに新しさ、便利さがあるのではないかととこんじています。ただ、同じ水槽にある水族を片端から見ていきたい場合、一々カメラを向けなければならないので、その点は痛し痒しと言えます。例えば水族館ごとにその種がある水槽を登録し、ワンタッチでその水槽ごとの図鑑画面にとべるようにすれば解決するのかもしれませんが、水槽からいなくなる、増えるたびにその登録をしなおさないといけなさそうで、ハードルは高そうです。水槽内の管理と一体で進めないと難しいのでしょうね。

 

さておき、そうなると問題は検知の確度だと思いますが、それについては及第点だと感じました。明るいところで、ある程度正面から、動きがないところで判別させれば、このようにかなり高い確度で判別します。

f:id:sasoridan:20191117194022p:image

コンゴウフグ。ただ、明後日の方向を向いていたりするとこんな頓珍漢な回答を出してきますし

f:id:sasoridan:20191117194136p:image

コツメカワウソです

たまに木を動物と誤判別したり

f:id:sasoridan:20191117194352p:image

これはただの木

そもそも一匹の動物とて認識しなかったり、

f:id:sasoridan:20191117194605p:image

いろいろ問題はあります(ここまで敢えて上手くいかなかった例を連続してます)が、全体的なコンセプトとしてはとても面白く、今後も継続的に使っていきたいと思わせるものでした。ただ、動物園ではだいたい見れば目の前にいるのがどの種かわかるので(鳥は若干怪しい)、活躍するのはもっぱら水族館になりそうです。

 

解説画面はこのとおりです。まず、スキャンした画面をタッチすると、その時の画像がスクショされてでてきます。
f:id:sasoridan:20191117194611p:image

スクショはないですが、この下にWikipediaの解説が出てきます。ここは若干不満に思っているポイントで、メジャーな種ならよいのですが、ややマイナーな種だと英語版のWikipediaが出てきてしまう点がややマイナス。できればオリジナルの説明が欲しいところです。一方で、棲息する水温や水深が出てくるのはデータとして面白いと思います。
f:id:sasoridan:20191117194619p:image

さらに、このように飼育している水族館/動物園が一覧表示されるのは優れている機能。正直このリストだけでもお金を払う価値があるのでは?
f:id:sasoridan:20191117194616p:image

 

他ではどうか知りませんが、マクセルアクアパーク品川では、位置情報を利用し、その施設内では無料で使える仕組みになっていました。

 

この技術が発展すれば、水族館/動物園永遠の課題である「どこにいるのかわからない」問題が解決できそうで、そっち方面の応用にも期待してます。

 

公式HP(https://lens.linne.ai/ja/)はこちら。ぜひ使ってみてください。

凶禍降臨 常闇ノ獣(終) クリアしました

凶禍降臨 常闇ノ獣(終)クリアしました。なかなか難しかったので備忘まで。まあ既に忘れているので具体的な動きは書けないんですが…もう終わりそうですが、ご参考まで。

 

これをクリアしないと美炎専用の☆4御刀、加州清光が最終回生できないので、クリアする必要性が今回ばかりは高いです。最近の御刀はあまり強力ではなかった(少なくとも日光一文字ほどのインパクトはない)のであまりやっていませんでしたが、これはマジメにやります。クリア条件は美炎を部隊に入れクリアすること。彼女が生き残れば石250でなかなかおいしいです。私の部隊には幸い祭祀美炎がいますので、彼女を編入。巫女薫もいるのでいれますが、最後まで残るのは厳しそうです(美炎かどちらかは残したい。)。

 

さて、敵攻撃パターンのうち、確実に避けたいのは下記の攻撃。また必中を6ターンごとにかけてくるので、そこも要注意。絶対回避が利かなくなります。また暴走もかけてくるので、それへの対策も必要になります。

1、7ターン目 必中+生命吸収率付与
3ターン目 単体大攻撃(6000程度)…ランダム
4~6ターン目 全体大攻撃(2000程度)…全員前列なので実質全体。このうち、5ターン目は奥義封印(永続)
8ターン目 全体大攻撃(6000程度)
あと3か4ターン目に敏捷も上げてきます。

 

以上を踏まえると、サポートとしては、

①強化解除
②奥義封印解除
③耐えられる範囲のダメージ軽減
④絶対回避や無敵など、耐えられない大ダメージを回避する
⑤それでも被弾した分の回復

それに合わせると、サポートは以下のとおりになりました。

①鴨ちなみ(振袖)全強化解除(1体) 35
①鴨ちなみ 全強化解除(1体) 40
②丸山茜(忍) 奥義封印解除 45
③下石井千夏(バニーガール) 与ダメ-50%、シャッフル、次ターンコスト-50 50
④西條クロディーヌ(スタァライトコラボ) 後列無敵(+1ターン攻勢アップ) 50
④成瀬実紀(スノボ) 前列絶対回避+敏捷アップ 50
⑤羽島学長 1000回復 50
⑤葵&ねくと(ジェムカンコラボ) 1000回復 45

このうち、③と⑤は完凸必須ですが、あとはレベル1でもかまいません。
クロディーヌとジェムカンは限定なので厳しいですが、他は十分入手可能なものかと思います。クロディーヌがいない場合、忍を削り、☆3の水科絹香とバレンタイン☆3水科綿花を入れ、守勢アップ→無敵で耐えるしかないでしょうね。全員折神家にできるなら、紫様という手段もありますが、コストが…回復に関してはコスパがいいものを入れるしかないです。いいのは愛城華恋ですが、これもコラボなので持っていないとどうしようもないです。

 

メインについては、我が部隊には、斬と壊の美炎しかいないので、選択肢はこのどちらか。今回は大量のサポートを使わないといけないので、ウェディングつぐみの隊長技で集中力を上げられる、壊パーティーにしました。基本単体奥義を中心に組みましたが、後から考えると、薫はほとんど奥義を出していないので、回復が使える智恵(大正ロマン)等他のメンバーでもよかったかもしれないです。あわよくば薫も生存…と思っていましたが、無理でしたね。最後まで立っていたのはつぐみと美炎でした。

 

播つぐみ(ウェディング19)+観世正宗
安桜美炎(祭祀)+加州清光(最大強化の1個前)
獅童真希(バニー)+大倶利伽羅広光
益子薫(巫女)+次郎太刀
羽翼、前前前前 リーダーつぐみ

 

なお、実紀もクロディーヌも列固定なので、全員前列固定です。みな同じ列であれば、前でも後でもいいみたいです。(一番)前みたいな?
本来は奥義ゲージ+1のあるつぐみの順番は最後にしたいのですが、集中アップが強い観世正宗を持たせると行動順は美炎→つぐみ→真希→薫になってしまいます。これもよくよく考えると、鯰尾藤四郎を持たせた智恵・寿々花・ひよよんで集中をカバーし、行動順を下げてもよかったかなと。

 

立ち回りは、3ターン目の単体攻撃を絶対回避か無敵で耐える。そのために、手札に実紀が来ている場合は必ずちなみで必中を消しておきます。
4ターン目からの全体攻撃に備えて、千夏で与ダメを減少させておく。
8ターン目についても3ターン目と同様に耐える。
暴走は即座に消し、奥義封印解除については、HPとSPとの兼ね合いで解除する。

 

これを維持できれば、クリアは十分に可能だと感じました。

今回は幸い属性が合致したのでクリアできましたが、天属性とか来るとつらいなあ(地属性の☆4が振袖結芽とジェムカンエレンしかいないので…)

 

しかしウェディングつぐみの強さよ。彼女がいなかったらクリアできないクエストや勝てない演武、たくさんあったと思います。

2018年アニメ感想(第1クール)

面白かった順。

 

刀使ノ巫女

好きが強すぎて語りきれないので、そのうち記事を何本も書きます。ひとまず2010年代ナンバーワンは間違いない。今世紀ナンバーワンをギャラクシーエンジェルシリーズ、ストライクウィッチーズシリーズと争う。

 

ハクメイとミコチ

これ面白いよ。変化球な日常系だけど、ほのぼのとしてていい。普通に推せるアニメ。

 

ゆるキャン△

面白いけどね。何かが少しずつ足りない

 

宇宙よりも遠い場所

まあ面白かったんじゃない?とじみこの印象が強すぎてよく覚えてないけど、よくできてたと思った。脚本は花田大先生?うっそだろ

 

とじみこがあったから神クールなのでした。まあ一般的にもよりもいとゆるキャン△があったから神クールだと思うけど。

 

 

 

2018年アニメ感想(第2クール)

基本面白かった順

 

こみっくがーるず

これまでのきらら系でもトップクラスでは?原作も買って読みまくってるけど、めちゃくちゃ面白いわ。もんちゃんぶんちゃんが出ないのは残念だけど、原作のエピソードをうまく繋ぎ合わせてるし、文句の言いようがない。今年二番目に面白かったアニメです。かおす先生と爆乳姫子先生の師弟?コンビがすき。

 

ヒナまつり

終始めちゃくちゃだったけど、面白かったです。主人公よりキャラが立ってる脇役が何人もいるってのは面白い作品の必須条件だと思うが、それを満たしていた。

 

完走したのはこの二つだけなんだが、二つとも面白かったのと、なにより刀使ノ巫女の2クール目がやっていたクールなので、物足りない感じは全くなかったです。